「孤独のグルメ」松重豊のコメント力にネット反響「忘却のグルメ、きのう何食べた?」視聴率も逆手の機転

「孤独のグルメ」松重豊のコメント力にネット反響「忘却のグルメ、きのう何食べた?」視聴率も逆手の機転

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/17

テレビ東京の連続ドラマ「孤独のグルメ」(金曜深夜0・12)の主演を務める俳優・松重豊(56)のコメントが冴え渡り、インターネット上で話題になっている。年末年始に「孤独のグルメ」、西島秀俊(48)&内野聖陽(51)ダブル主演「きのう何食べた?」、高畑充希(27)主演「忘却のサチコ」のスペシャル(いずれも放送時間未定)が3夜連続でオンエアされることが決まり「どうせなら高畑さんと西島君と内野さんの力を借りて『忘却のグルメ、きのう何食べた?』にしようと言ったのですが、却下されました」と“恨み節”。視聴率も逆手に取るなど、思わず見出しに取りたくなる松重の“コメント力”とは――。

No image

2017年4月、テレビ東京の主演ドラマ「孤独のグルメ Season6」の会見に出席した松重豊

テレ東は「美食晩餐会(ばんさんかい)」と題し、大みそかの夜に「孤独のグルメ 2019大晦日スペシャル(仮)」、来年1月1日の夜に「きのう何食べた?お正月スペシャル」、1月2日の夜に「忘却のサチコ 新春スペシャル」と同局が誇る「食」をテーマにした人気ドラマを立て続けに編成した。

「孤独のグルメ」は2017、18年に続き、3年連続でNHK紅白歌合戦の裏番組に。松重はテレ東を通じて「3年連続、紅白の向こうを張った孤独な闘いです。どうせなら高畑さんと西島君と内野さんの力を借りて『忘却のグルメ、きのう何食べた?』にしようと言ったのですが、却下されました」と心境を明かした。

3ドラマ合体のプランに、ネット上には「松重さんのコメント最高だなw」「(『忘却のグルメ、きのう何食べた?』は)最高のアイデア」「見てみたい」「実現を熱烈に希望!w」「これがダメなら…『孤独のサチコ、きのう何食べた?』ですなw」などと絶賛の声が殺到。<松重豊考案のドラマ名に「どんな内容?」と想像膨らむ人続出><松重豊が“食”ドラマ「忘却のグルメ、きのう何食べた?」を提案「見てみたい!」とファンから賛同の声>とネット記事にもなった。

さらに、意気込みと視聴者へのメッセージを求められると「どうせなら海外にも連れてってくれと懇願しました。ごく薄めのチューハイ程度の視聴率です。ホロ酔い気分でご覧ください」と紅白裏の視聴率も逆手に取り“自虐PR”した。

「孤独のグルメ」は「週刊SPA!」で不定期連載された同名コミック(原作・久住昌之氏、作画・谷口ジロー氏)を映像化したグルメドキュメンタリードラマ。12年1月に始まり、輸入雑貨商を営み、商用のため様々な街を訪れる井之頭五郎(松重)が一人、ふと立ち寄った店で食事をする姿を描く。テレ東の看板ドラマの1つとなり、今年10月から深夜ドラマとしては異例の長期シリーズとなる「Season8」が放送されている。

17年4月期「Season6」で初の制作発表。この時の会見でも「オワコン」「マンネリ」と反響を呼ぶワードを口にした。「別に気負うことは何もありません。オワコンって言葉が、この番組にピッタリだなと。マンネリもマンネリで、どこに向かえばいいんだろうという気持ちなんですが、ただ、美味しいものは日本、海外も尽きることはない。それがある限り、何とか形を変えてでもできるのかなと思います」とスパイスの効いた言葉を散りばめながら、シリーズ継続に意欲を示した。

その年の大みそかは午後10時からの1時間半スペシャル。11月の発表時に「普通は紅白、ひねってガキ使。テレ東はこの時間帯を捨てたなと思いました」と冗談交じりにPR。さらにラストシーンが生放送と決まると「2017年の締めくくりに放送事故を起こさないよう頑張ります」とユーモアを交えて意気込んだ。

極め付きは「Season8」放送決定の発表。今年8月19日の再放送中に「10月 シーズン8 放送決定!」と一足先にテロップ告知。当初は21日に発表する予定だっただけに、松重は「一昨日、仕事から帰ったら、ネットニュースを見た妻に10月からやるんだねと言われました。さすがテレ東、出演者もビックリの粋なサプライズをするなぁと思いました」「心の準備はできていましたが、なにせ一昨日、妻から知らされたばかりで、内臓の準備が整っていません」「シーズン8の放送中も、私の不祥事による降板など、予断を許さない状況です。ネットニュースよりも放送終了後のフライングテロップにご注目ください」と“フライング発表”にちなむ機転の効いたコメントばかりを繰り出した。

17年1月期「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」、17年4月期「孤独のグルメ Season6」で松重に単独インタビューする機会に恵まれた。どの質問にも的確に答えるクレバーさが強く印象に残っている。ブログは07年から12年続き、「サンデー毎日」の月1連載エッセー「演者戯言」も1年になる。もともと文才もあるが、揺るぎない名脇役のポジションを確立した35年超のキャリアはダテじゃない。酸いも甘いも知り、経験に裏打ちされた松重のウイットを今後も楽しみにしたい。(記者コラム)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今夜の『抱かれたい12人の女たち』霊媒師・高橋ひとみ、山本耕史の顔を触りだし...
元SMAPが『笑ってはいけない』に出演決定も、地上波テレビ本格復帰とはいかない裏事情
あわや放送事故?「FNS歌謡祭」の沢尻トークに相葉雅紀がとっさの判断!
『3A』今田美桜&福原遥、『あな番』西野七瀬...2019年大活躍した女優たち
【スカーレット】松下洸平、舞台地・甲賀市でトークショー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加