「いじられ」がカギ?指原莉乃がブスでもモテモテな理由を探してみた

「いじられ」がカギ?指原莉乃がブスでもモテモテな理由を探してみた

  • DOKUJO[独女]
  • 更新日:2017/11/14
No image

【さらに写真を見る】「いじられ」がカギ?指原莉乃がブスでもモテモテな理由を探してみた

AKB48の選抜総選挙において、前人未到の3連覇(通算4回目)を果たした指原莉乃。バラエティでもひっぱりだこで、彼女をテレビで見ない日はほぼない。

ただ、相席スタートの山崎ケイに、自分と同じ「ちょうどいいブス」であると言われたこともあるなど、世間からは容姿がアイドルとして秀でているとは思われていないようだ。

そんな指原莉乃が、なぜこんなにも人気があるのだろうか。その謎を紐解くことで、実際の恋愛にも応用できるかもしれない。

◆指原莉乃がなぜモテるのか?1: いじられ上手だから

バラエティ番組を見ているとわかるように、指原莉乃はとにかく共演者からいじられまくっている。それはなぜか。無論、彼女の返しが面白いからだ。

しかし、共演者から雑に扱われているという感じはしない。むしろ他のAKBメンバーよりも愛されている。それが故、さまざまな番組からひっぱりだこなのだろう。

テレビの中だけではなく、実際の生活でもいじられキャラというのはモテる。指原のような自虐ネタで盛り上げるだけでなく、天然(ボケ)な部分を突っ込ませるなどの方法もある。そういう女性は決まって、男性と距離が近いのだ。

◆指原莉乃がなぜモテるのか?2:接しやすいから

そしてさらに男性との距離を近づけるのに肝心なのは、タブーがあまりない女性になること。つまり「気を使わず接することが出来る」異性になることだ。

気を使うがモテる女性もいる。それは、見た目が抜群に良い女性だ。AKBでいうと、板野友美なんかは接しにくそうだが、見た目のおかげで神7に君臨していたものだと思われる。

指原莉乃は、ずば抜けて美人ではないがファンも共演者も接しやすい。どんな鋭利ないじりも怒らず笑いに変えてくれる、フリも全部拾う、自分のことを好きだと言ってくれる人が何万人に膨れ上がっても、丁寧な対応をする。これが指原莉乃の接しやすさの秘密であろう。自分の生活に置き換えた時、彼女と同じような対応ができているだろうか?今一度考えてみたい。

◆指原莉乃がなぜモテるのか?3:身の程をわかっているから

「自分は美人ではない」。見た目に絶大なる自身がない人は、それ相応の行動をすべきだと指原莉乃は教えてくれる。口で「私は見た目に自信が無い」と言う人は多いが、それが行動に伴わない人もいるので、自分の行動を見直してみよう。

指原莉乃は、総選挙で3年連続1位になっても決して偉ぶらない。それは見た目で言ったら「他のメンバーには勝てない」と自分が一番よく分かっているからではないだろうか。

「そのかわり、アイドルのタブーも破りますよ、なんだってやりますよ」という姿勢が、たくさんの人から愛されている理由の一つなのだ。

よく「私の結婚相手の条件は、身長が何センチ以上で収入はどのくらいで……」なんて、思っているだけでなくなんの遠慮もなく男性の前でしゃべっている女性がいるが、モデル級の美女でない限りは「何様?」「自分はそのレベルに達しているの?」と確実に思われているので絶対にやめたほうがいいだろう。

◆指原莉乃がなぜモテるのか?4:本当はブスではないから

指原莉乃のように見た目でいじられている女性は、実際のところ本当のブスではない。なぜなら、本当のブスに「ブス」と言ったらその相手を確実に傷つけてしまう、ということは小学生でもわかるからだ。

つまり「ブス」と言われるということは、相手はそこまであなたのことを「ブス」と思っていない証拠だし、「デブ」も同様。相手の本意ではない可能性は高い。

となると、この心理を逆手に取ることもできる。

「私ってブスだから(変顔)」→「ほんと、お前ってブスだよな」というようにいじりを誘発することで、相手に「ブスいじりをしている=ほんとはブスではないのでは?」と錯覚させられるのだ。これは自分が「変だ」と思っていることでも、周りが「普通だ」と思っていると知ると「普通かも?」と思い始めてしまうことと似ている。

「自分はそこまで気にしていない」と思わせることで、相手を同じ気持ちにさせられるのだ。

◆指原莉乃がなぜモテるのか?5:ほかの長所をさがしてしまうから

そして、「ブスだ」と周りから言われることで、他のメリットもある。

それは、もともと自分に好意を抱いてくれている人は、さらに「顔以外のいいところを探してくれる」というもの。

指原莉乃もそう。世間で「ブスだ」といじられ始めたことで、「でも、スタイルいいよね?」「バラエティで面白いから好き」というように、なぜか顔以外の肯定的な意見が出てくるようになった。彼女のことを根本的に「嫌い」と思っている人はそれすら探すこともしないのだが、少しでも好印象を持っている人は「顔ではないその他のいい部分」を探すはずだ。

自分のことを好きな人、というとハードルが高いかもしれないが、もし自分のことが気になっている人がいたら、「ブスいじり」がいいスパイスになるかもしれない。

指原莉乃が、これらを計算でやっているとは思えないが、彼女を観察すればするほどモテている理由が見つかる。

見た目に自信が無い人は、ぜひ「さっしー」のようないじられキャラになってみては?

(文/飯田クール)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一生忘れられないッ!「大好きな人とのエッチ」で教わったこと3つ
顔や性格は好きだけど...「男が別れを決心した」彼女のNG行動3つ
独身女でいるって大変?30代結婚できない女の「あるある」8つ
婚約破棄を経験した女性が語るリアルな理由5つ まさかすぎて...
どうしてだろ...? 「エッチな気持ちになっちゃった」奇妙な体験談
  • このエントリーをはてなブックマークに追加