サンド伊達「手渡しで札束を託され驚いた事も」 4億円超とされる東北義援金の裏話

サンド伊達「手渡しで札束を託され驚いた事も」 4億円超とされる東北義援金の裏話

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/15

お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきお(43)が14日、自身のブログを更新。サンドウィッチマンが東日本大震災の東北の被災地に4億円超の寄付をしたという報道について、「我々二人で全てを寄付したみたいな捉え方をされてしまいそうな書き方が多いのが残念です」とつづり、訂正と補足を行った。

伊達は、ネットニュースなどでサンドウィッチマンが東北の被災地に4億円を超える寄付を行ったと報じられたことを紹介しつつ「ニュースの書き方を見ると、我々二人で全てを寄付したみたいな捉え方をされてしまいそうな書き方が多いのが残念です。(だいたい、そんな稼ぎありませんし…)」と率直な心境をつづった。

4億円超とされる義援金は、サンドウィッチマンが2011年3月16日に開設した『東北魂義援金』の口座に集まった金額の合計で、サンドウィッチマン自身の寄付、単独ライブのグッズ売上等のほかに、全国の有志からの振り込み、街頭募金や募金箱の持ち込みなど「大勢の心優しい方々からの善意の累計なんです」と説明。「更には、芸能界の大先輩やプロ野球選手、芸人の先輩からは手渡しで札束を託され驚いた事もありました」と明かし、「あの日から7年経とうとしている今でも、毎月11日の月命日に決まって振り込みをして下さる大先輩もおられます。本当に、心より感謝しております」とつづった。

伊達は「記事の捉え方によっては、僕らを信用して大事なお金を託して下さった方々に失礼で申し訳ない感じもした」と訂正、補足のブログを公開した理由を明かし、3月には現在預かっている義援金を宮城県知事に手渡しすることを約束。「我々が出来る事は被災地の復興状態や東北の味覚や良さを知っている限り伝え、全国から沢山の人を東北に送り込む努力をするという事」とさらなる支援への意気込みをつづった。

サンドウィッチマンの伊達と相方・富澤たけし(43)はともに宮城県仙台市出身。東日本大震災発生時に宮城・気仙沼市のロケ中に被災し、避難した経験がある。

No image

サンドウィッチマンの伊達みきお

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「大杉漣さんが“ゴチ”で自腹」視聴者の涙誘う
大杉漣さんの訃報で、フジテレビが長男に頼み込んだ「酷な要求」
IVAN、安室奈美恵との関係性を「カミングアウトします」
大杉漣さんの妻・弘美さんが心境 千葉への車中「覚悟はできていました」感謝もつづる
本当の“クソ野郎”は誰?元SMAP3人の前であの名前を出す爆問・太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加