最新ランキングをチェックしよう
ソニー、出井伸之路線失敗の象徴「AIBO」復活の意味

ソニー、出井伸之路線失敗の象徴「AIBO」復活の意味

  • Business Journal
  • 更新日:2017/11/21

1999年6月1日午前9時。ソニーは日本初のエンタテインメントロボット「AIBO(ERS-110)」のインターネット予約販売を開始した。定価25万円にもかかわらず、販売開始20分後の9時20分、日本国内販売分3000台を完売した。好調な出だしでAIBOは累計15万台を販売したが、業績悪化による2003年4月のソニーショックなどで、7年後の06年には製造・販売を中止。ソニーはロボットビジネスから完全

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
19歳の田辺桃子、水着姿を披露した初主演作が話題「美人すぎてやばい」「可愛すぎる」
「Googleカレンダー」と「Googleタスク」の組み合わせが、最強のToDo管理アプリになる理由
宮崎あおいと岡田准一に第1子男児が誕生 「素直に喜べない」の声があがるワケとは
大ピンチ! 巨象・パナソニックを追い詰める「中国企業」の正体
有村架純『中学聖日記』女教師のエロい行動に「逮捕されるだろ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加