ミス痛かった...大阪桐蔭、決勝進出ならず/神宮大会

ミス痛かった...大阪桐蔭、決勝進出ならず/神宮大会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

明治神宮大会第4日(13日、神宮)各地区秋季大会を制した10校が参加する高校の部は準決勝2試合が行われ、大阪桐蔭(近畿)は創成館(九州)に4-7で敗れた。明徳義塾(四国)は静岡(東海)に5-3で逆転勝ちし、優勝した1981年以来36年ぶりの決勝進出を決めた。11校で争う大学の部は準々決勝1試合が行われ、日体大(関東1)が1-1で迎えたタイブレークの延長十回に6点を勝ち越し、7-1で九州共立大(九州)を下した。

主力に来秋のドラフト候補生がズラリと並ぶ大阪桐蔭が、準決勝で姿を消した。

1点を先制して迎えた三回一死二塁で藤原恭大外野手(2年)が中前打を後逸。1-2と逆転されたあとの一死満塁では、併殺かと思われた遊ゴロを根尾昂内野手(2年)が二塁へ悪送球した。その裏の攻撃では走塁ミスが出て反撃ムードがしぼんだ。

根尾は「ミスを重ねてカバーしきれなかった。力不足を感じた」。西谷監督も「やらないといけないことは多い。選手も分かったでしょう」と厳しい表情だ。

「引退まで無敗」の目標は果たせず「チームとしても個人としても弱さを消していかないと。この大会をつなげて、春は絶対に勝つ」と根尾。悔しい新チーム初黒星を糧にして、2連覇を狙う来春の選抜大会に挑む。 (須藤佳裕)

No image

6回、投球する大阪桐蔭・根尾=神宮(撮影・加藤圭祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出場校チーム紹介:立正大淞南(島根)
【全日本大学バスケットボール選手権(インカレ) 20日開幕】関東勢だけじゃない!地方勢のスターを探せ!
【全日本大学バスケットボール選手権(インカレ) 20日開幕】関東勢だけじゃない!地方勢のスターを探せ!
甲子園塾始まる 花咲徳栄・岩井監督「指導者はもっと外に出るべきだ」
出場校チーム紹介:米子北(鳥取)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加