ラピス、スマートメータ通信向けのサブギガ帯域無線通信LSIを開発

ラピス、スマートメータ通信向けのサブギガ帯域無線通信LSIを開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

ラピスセミコンダクタ(ラピス)は12月1日、サブギガ帯域無線通信LSI(周波数1GHz以下) 「ML7345」を開発したと発表した。

同製品は、スマートメータやホーム/ビル・セキュリティ、火災報知機・ガス警報器、クラウド農業など、長距離無線通信と低消費電力が必要とされるアプリケーションに向けたもので、サブギガ帯域である160MHz~960MHzをカバー。日本国内のARIB STD-T108規格のほか、世界規格のIEEE802.15.4gにも準拠する。

高周波増幅器を改良したことで、送信パワー変動が動作保証全温度範囲内で±1dB以下という環境安定性を実現しており、また短時間で受信起動を行う高速電波チェック機能とスリープ電流の大幅削減により、通信時間の大半を占める待ち受け動作において、同社従来品比で48%の平均電流の削減を実現した。

同社はすでに月産50万個の体制で量産出荷を開始しており、サンプル価格は700円(税別)となっている。

No image

サブギガ帯域無線通信LSI「ML7345」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ製カーナビアプリが無料公開。使い勝手どう?
17時間連続通信、下り最大150MbpsのSIMフリールーター「ARIA 2」
F1のステアリングホイールの60年分の進化の歴史を一気に見るムービー
これはきっと日本だからできた「ウスカル」ノート、新dynabook Vは東芝の技術がてんこ盛りだ!!
やっと充電不要のスマートウォッチ登場。体温がエネルギーだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加