【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

  • Kyotopi [キョウトピ]
  • 更新日:2018/12/06

河原町、万寿寺通を西へ。京町家リノベーションで12月13日オープンのお店。現在、プレオープン中。九州に根付く発酵、醸造食品を中心に、選りすぐりのローカルフードを販売。カフェスペースや外国人向け料理教室もあり。

今と昔、日本と世界を地域のやさしい食材でつなぐ

No image

河原町通りから万寿寺通りを西へ。
以前この界隈と通りかかった時に、新しいお店が出来てることと暖簾に書かれてた『醸ス』というキーワードが気になりやってきました。

正式には12月13日(木)オープンですが、すでにプレオープン期間で営業されてます。

No image

元々、古美術販売をされてた京町家。その古い風合いを活かしながら、現代調に使いやすい間取りにリノベーションした店内。新旧木のぬくもりと、おだやかな照明の光がどこか懐かしく、まるでおばあちゃんの家に遊びに来たような錯覚すら誘起する。

No image

こちらでは九州を中心に自然豊かな風土で育まれた発酵・醸造食材を中心に、カラダにやさしい食材が並ぶ。もともと定評あるメーカーの食材をパッケージや食べ方の現代風アレンジで、その素晴らしさを提案。

こちらはご飯にも合うコーヒーということで、試飲させていただきました。すっきりとしたバランスのいい味わい。

No image

味噌や醤油、乾物も。

No image
No image
No image

お酢やポン酢もあり、試飲もできます。
元々デザイン会社が運営するショップということもあり、パッケージや見せ方を変え、幅広い層に訴求する商品づくりをベースに。

No image

で、こちら。発酵や醸造とは違うんですが、お店の方イチオシの塩キャラメルおこし。おこしと言いつつ、どちらかというとポン菓子で、京丹波産のお米を使用。試食させてもらいましたが、中毒性ありの無限ループでハマる美味しさ。速攻で購入してしまいました(笑)

No image

さらにこれも面白いと思った、炊き込みご飯の素というか、調味してない煮干、乾燥野菜のみが入ったもの。炊く前に醤油添加する程度で乾物の持つ旨味が調味料がわりになるという。この発想はなかった。

No image
No image

食品ではないですが、800年の伝統を誇る福岡の『英彦山がらがら』と呼ばれる土鈴。厄除けになる御守。土鈴って、昔うちのおばあちゃんが旅先でよく買って集めてましたが、最近全然見かけなくなり、とても懐かしくもあり。

No image

まだ準備中で販売してませんでしたが、具材をいろいろ変えたおいなりさん。イートインできます。

No image

お店の奥にはカウンターがあり、外国人観光客向けの料理教室やバーになる予定とか。

こちらのお店は東京にもあり、今回関西初出店。東京では発酵食品や醸造食品がカジュアルに飲食できるカフェやショップが多数あり、発酵ブーム全盛。そんなブームの波が最近じわじわと京都にもきてるな、と実感するこの頃。お試しあれ!

KAMOS KYOTO×茶御飯京都 基本情報

住所:京都市下京区万寿寺通御幸町東入ル須浜町647-2
電話番号:075-351-5855
営業時間:11~17時
定休日:不定休

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
かつや「トンカツ入り豚汁」食べてみた 最初はガチでウマい!でも後半は...
通常のすた丼の2.5倍の肉が伝説のすた丼屋史上最高25cmに積まれた「極盛がっツリーすた丼2018」を食べてみた
【一杯酒場】<特別編>年末年始をほっこり癒す!絶品「煮込み」酒場
ファミリーでの集まりに!見た目も‟かわいい”横浜の手みやげ
激うまハンバーガー“1個買ったら1個無料”!! X’mas限定の超得イベントを見逃すな!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加