「beyond2020マイベスト」授与式にEXILE TETSUYA、ダンスで東京五輪を応援

「beyond2020マイベスト」授与式にEXILE TETSUYA、ダンスで東京五輪を応援

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2019/10/08

本日10月8日に東京都内で行われた「beyond2020マイベスト」承認書授与式に、EXILETETSUYA(EXILE、EXILE THE SECOND)が登壇した。

No image

「beyond2020マイベスト」承認書授与式の様子。

すべての画像を見る(全8件)

No image

LDHが展開するエンタテインメントスクール・EXPG STUDIO BY LDHは、2020年に開催されるLDHの祭典「LDH PERFECT YEAR 2020」と連携し、ダンスパフォーマンスの“自己ベスト”を目指す「DANCE マイベスト応援プログラム」を実施する。このプログラムが内閣官房の東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が推進する「beyond2020マイベストプログラム」に認証された。

No image

「beyond2020マイベストプログラム」は健康面などで自己ベストを目指す、1人ひとりの取り組みを支援する事業や活動に認証されるプログラム。今回の授与式には2011年にE.P.I.(EXILEパフォーマンス研究所)を立ち上げたほか、2018年3月には早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の社会人修士課程を卒業したEXILE TETSUYAが登壇者に選ばれた。

No image

「beyond2020マイベストプログラム」認証にについて、TETSUYAは「すごくうれしかったです。来年の五輪大会に向けてダンスの力で何か盛り上げられないか、子供たちに夢を与えられないか活動してきたので、とてもぴったりなプログラムと連携させていただいたこと、盛り上げられることにすごく興奮しています」とコメント。また今後の活動について「ダンスは僕らにとってすごく大事なコンテンツで。僕らのやっているダンスはとても難しそうに感じられることもあるのですが、皆さんに触れていただいて、それぞれの自己ベストを探し、取り組んでもらえたらいいなと思います」と意気込みを明かした。

また記者に他のメンバーとの活動について質問されると、TETSUYAは「みんなすごく協力的ですね。2020年は『LDH PERFECT YEAR 2020』という1年間のイベントを企画しているので、一緒に盛り上げていけたら」と語る。さらに自身の自己ベストについて、「膝の手術から復帰できたので、『LDH PERFECT YEAR 2020』でベストパフォーマンスをする、というのが僕の目標ですね」「来年はライブが目白押しなので、過去一番踊る1年になるんじゃないかと思います。空いているところがあればどこでもライブがしたい、という気持ちです!」と来年の活動に対する思いを交えて述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名倉潤、うつ病から仕事復帰も原田泰造「楽屋の温度問題」言及に懸念の指摘
坂口杏里、「守りたい」発言のシバターと結婚? 再三のアプローチが実り...
TOKIO・長瀬智也、退所説の渦中にジャニーズの“おきて破り”でさらなる波紋広がる
大野智は嵐の稼ぎ頭!わずか24時間で「18億円」も稼いでいた
“中居正広引退”の噂で甦るSMAP解散騒動の悪夢 「香取慎吾の時と同じ」の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加