バイエルンがパリSG相手に3発快勝!大敗を喫した前回対戦のリベンジを果たす

バイエルンがパリSG相手に3発快勝!大敗を喫した前回対戦のリベンジを果たす

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

中盤で巧みなパスさばきを披露したバイエルンのトリソ(写真)が2ゴールをゲット。勝利に貢献した。(C)Getty Images

現地時間12月5日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ最終節のバイエルン・ミュンヘン対パリ・サンジェルマン戦は、ホームのバイエルンが3-1で勝利。0-3で敗れた第2節のリベンジを果たした。

すでにグループステージ突破を決めている2チームだが、首位通過を狙ってともに現在考えうるベストのメンバーを準備。そしてこの互いのプライドを賭けた一戦、先制したのはバイエルンだった。8分、左サイドに開いたハメス・ロドリゲスがクロスを送り込み、そのこぼれ球をロベルト・レバンドフスキが左足で押し込んだ。

その後は、豪華な役者たちによる見応えある攻防が、ピッチの至る所で展開された。その中でとりわけ眩い輝きを放ったのが、ふたりのフランス人だ。バイエルンのコランタン・トリソとパリSGのキリアン・エムバペ――。前者は高度なボールコントロールとパスセンスで、後者は圧倒的なスピードと突破力で、それぞれ抜群の存在感を放った。

そんな中、互いに喉から手が出るほど欲しかった「次の1点」が、バイエルンに生まれる。37分、1点目と同様にリベリとハメスのふたりで左サイドを攻略。ハメスからのクロスをゴール前に走り込み、豪快にヘッドで叩き込んだのはトリソだった。

だが、試合はこれで終わらなかった。バイエルンの2点リードで迎えた後半開始直後、今度はパリSGのエムバペが魅せる。50分にエディンソン・カバーニの浮き球のパスを、巧みにコースを突くヘッドでゴールに流し込んだのだ。

エムバペはその後も、再三バイエルン・ゴールを脅かし、61分、62分と立て続けに決定機を作る。この試合に限れば、危険度はネイマールより上だった。

パリSGに同点ゴールが生まれるのは時間の問題かに思われた。だが、ひとりの男がふたたび流れをバイエルンを引き戻す。トリソだ。69分、キングスレー・コマンの左サイドからのクロスに合わせ、力強くゴールネットを揺らした。自陣から長い距離を駆け上がってきたこのフランス人MFを、パリSGの守備陣は捕まえきれなかった。

試合はこのまま3-1で終了。この結果、ともに勝点15で並んだものの、直接対決の結果により、パリSGが首位通過を決めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乾貴士、待望の今季初ゴール! 2位バレンシアとの一戦で貴重な先制弾
本田圭佑がパチューカ残留を宣言!「このクラブのすべてが大好き!」
【FIFA クラブワールドカップ 2017 UAE 決勝戦 ハイライト】【ハイライト動画】レアル・マドリーがグレミオを圧倒し、史上初の連覇達成。CR7のFKが決勝点
「敗者は日本」「恥をかかされた」 韓国紙が男女ともE-1制覇を逃した日本を酷評
レアル、史上初のクラブW杯連覇。千両役者C・ロナウドのFK弾が決勝点に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加