巨人キラー平松政次氏が殿堂入り「野球に感謝感謝」

巨人キラー平松政次氏が殿堂入り「野球に感謝感謝」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

乾杯を終え、野球殿堂入りを祝福される平松氏(撮影・足立雅史)

大洋(現DeNA)で通算201勝を挙げた平松政次氏(70)の野球殿堂入り祝賀パーティーが6日、横浜市内で行われ、球界関係者や経済界、政界などから約800人が集まった。平松氏は今年1月にエキスパート表彰で野球殿堂入り。冒頭のあいさつでは「(握手で)手が痛くなりました。たくさんの方々が遠くからもおいでくださり、ありがとうございました。野球に感謝、感謝」と言った。

現役時代は「巨人キラー」として名をはせた。通算201勝のうち、51勝が巨人。「昭和33年に長嶋さんが巨人に入って大活躍した。小学校5年の時です。長嶋さんと巨人で一緒にやりたい。大きな大きな夢を持って進んでいきました」と野球に打ち込んだ。66年のドラフト直前には、巨人のスカウトから1位指名を打診されたが指名はなく、大洋入り。悔しさを胸に、代名詞のカミソリシュートを磨き、大投手になった。

「振り返ってみますと、私の野球人生はまちがいではなかった。(高卒時に指名を受けた)中日には行かないで、日本石油に入り、巨人がドラフトしてくれなくて、大洋に入った。これがすべて殿堂入りにつながった」

壇上では「結婚して41年間、言ったことがなかった」と洋子夫人に感謝の言葉を口にして、大きな拍手を浴びていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球クローズアップ=2017年回顧(下)
楽天 2人目のオコエ獲り 今季3A24発、来週中にも合意へ
ハム、メジャー通算44発アルシア獲得発表 栗山監督期待「打線に厚みが」
名打者・篠塚和典氏が語る打撃の極意 イチローも使うバットの秘密、驚異の技術
藤浪よ大山よ、東京五輪出ろ!阪神・金本監督、常夏の島ハワイから大号令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加