最新ランキングをチェックしよう
栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

栃木県で発生した放射性物質を含む汚染ごみについて、その半分以上が時間の経過で放射能が基準を下回り、普通のごみになったとの推計が示されました。 環境省によりますと、福島第一原発事故で発生した栃木県内の汚染ごみ1万3500トンについて、半分以上にあたる7000トンから8300トンが指定基準を下回る放射能の濃度になったとみられるということです。一方で環境省は、160カ所で分散保管されている汚染ごみについ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
民泊、性的暴行や盗撮など危険な宿・犯罪多発...京都、3千軒が違法施設か
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
積雪急増中 およそ半日で50センチ!
商品なく、店員不在...岐阜の異様なローソン 本社が想定外の事態が起きたと謝罪
京大論文不正:これでいいのか、日本メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加