最新ランキングをチェックしよう
栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

栃木県で発生した放射性物質を含む汚染ごみについて、その半分以上が時間の経過で放射能が基準を下回り、普通のごみになったとの推計が示されました。 環境省によりますと、福島第一原発事故で発生した栃木県内の汚染ごみ1万3500トンについて、半分以上にあたる7000トンから8300トンが指定基準を下回る放射能の濃度になったとみられるということです。一方で環境省は、160カ所で分散保管されている汚染ごみについ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NHKが21人処分、受信料着服やタクシー券不正
ビールを指で「ツンツン」生中継 後絶たぬ悪質「非常識」動画投稿
「話がある」と訪ね…歯科院長が患者に切られ死亡
JR春の臨時列車 - 東海道新幹線は1日平均377本、GW期間を中心に新幹線増発
左ひざと右ひざ間違え...“人工関節”取り付ける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加