最新ランキングをチェックしよう
栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

栃木県で発生した放射性物質を含む汚染ごみについて、その半分以上が時間の経過で放射能が基準を下回り、普通のごみになったとの推計が示されました。 環境省によりますと、福島第一原発事故で発生した栃木県内の汚染ごみ1万3500トンについて、半分以上にあたる7000トンから8300トンが指定基準を下回る放射能の濃度になったとみられるということです。一方で環境省は、160カ所で分散保管されている汚染ごみについ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
相模原46人殺傷事件で追悼式、670人参列
【報ステ】元交際相手を...殺人未遂で女子大生逮捕
運転中の「ながらスマホ」で事故増加!警察庁が注意喚起
田母神被告の元選対事務局長に有罪判決 都知事選で
高須院長、“イエス!”は亡き妻の遺産...法廷で訴え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加