最新ランキングをチェックしよう
栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

栃木県の汚染ごみが“半減” 環境省が推計

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

栃木県で発生した放射性物質を含む汚染ごみについて、その半分以上が時間の経過で放射能が基準を下回り、普通のごみになったとの推計が示されました。 環境省によりますと、福島第一原発事故で発生した栃木県内の汚染ごみ1万3500トンについて、半分以上にあたる7000トンから8300トンが指定基準を下回る放射能の濃度になったとみられるということです。一方で環境省は、160カ所で分散保管されている汚染ごみについ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
日本の学校は地獄か...いじめ自殺で市教委がとった残酷すぎる言動
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
東京大学 エリートはどこへ消えた?――徹底解剖 日本の大組織
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加