ドイツW杯、稲本潤一は選手として我慢すべき一線を越えてしまった

ドイツW杯、稲本潤一は選手として我慢すべき一線を越えてしまった

  • Sportiva
  • 更新日:2019/12/07

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第11回なぜ「史上最強」チームは崩壊したのか~稲本潤一(2) 2006年ドイツW杯初戦、日本はオーストラリアに1-3と逆転負けを喫した。その後、クロアチア、ブラジルという強豪との対戦を残していることを考えれば、勝たなければいけない相手だったが、その相手から勝ち点3を奪えなかったことで、チーム内には大きな衝撃が走り、選手たちの内面は闇に覆われた。「(初戦敗戦後

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加