服役の北京五輪柔道金メダリスト・内柴氏が柔術デビュー 9月に仮出所

服役の北京五輪柔道金メダリスト・内柴氏が柔術デビュー 9月に仮出所

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/27
No image

内柴正人氏(右)とALAVANCA柔術アカデミーの山田重孝代表

アテネ、北京両五輪の柔道金メダリストで、準強姦(ごうかん)罪で懲役5年の実刑判決を受けた内柴正人氏(39)が26日に神奈川・寒川総合体育館で行われるブラジリアン柔術大会「ASJJF JAPAN OPEN JIU JITSU CHAMPIONSHIP」で柔術家デビューすることが25日、分かった。

内柴氏は九州看護福祉大学女子柔道部コーチだった2011年、教え子の女子部員に乱暴したとして、全日本柔道連盟から永久追放処分を受けた。

14年には準強姦の罪で懲役5年の実刑判決が確定し、服役。今年9月中旬に仮出所し、服役中から内柴氏を誘っていたALAVANCA柔術アカデミーの山田重孝代表の下でトレーニングを積んでいる。

山田代表によると、内柴氏は「柔道の傘から離れたので、いろんなことに挑戦したい」と意気込んでいるという。今大会ではマスターの部のミドル級と無差別級にエントリーしている。

内柴氏は仮出所直後の9月16日付のフェイスブックで「今回の件では大変申し訳なく思っています。当時のことは、言葉で表せないので時間をください」と事件について謝罪し、「今は、保護観察官と保護司に挨拶をして少しずつ自分の立場や影響力を考えて行動、発言、していきたいです」などと記していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スペイン代表、ロシアW杯出場権はく奪の可能性が浮上...FIFAが政治干渉を警告
「ようやく僕を理解してくれた」岡崎慎司はいかにしてレスター指揮官の信頼を勝ち取ったのか
120分間の死闘2連戦も...パチューカ指揮官、本田は「プレーできる状態だ」
原口、今冬の移籍浮上 クラブ幹部「彼自身が招いたものだ」
“美人揃い踏み”で大反響! なでしこFW岩渕、「似てますかね?」の3ショット写真公開

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加