ライセンス藤原、小説家デビュー!

ライセンス藤原、小説家デビュー!

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/17
No image

お笑いコンビ、ライセンスの藤原一裕(39)が17日、東京・三省堂書店神保町本店(千代田区)で、デビュー小説「遺産ゲーム」(KADOKAWA)の出版を記念したサイン会を開いた。ライセンスのコントで埋もれていた90本のネタを新たに再構成し、7編の短編にまとめた作品。「何かしらの賞は狙います」と笑顔をのぞかせた。

作品を書き始めたのは2014年。スマートフォンに随時、書きためながら書き上げた。執筆中、同じ吉本興業所属の後輩、又吉直樹(37)が小説「火花」で芥川賞を受賞したものの、「後輩の先生のように純文学を書いたわけではないので。違うところからスタートした感じです」と、自信もチラリのぞかせた。

印税については「住宅ローンの返済にあてたい。結構、残ってるんです」とのこと。すべて自分の懐に入るわけではないようで、「自分で(出版社に)持ち込んで、全部自分でやったのに、(事務所が)しっかり(印税を)お抜きになられるんです」とこぼしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松本人志、とんねるずとの再共演は「食わず嫌いに来いって言われたら...」
安室引退にタレント思い綴る イモトの評価が高く木下優樹菜に厳しい反応
「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかない
林修先生、キラキラネームと学力の相関性語る 東大合格者の名前は...
武井咲、連ドラ降板か...妊娠で撮影困難
  • このエントリーをはてなブックマークに追加