AppleCareで整備済製品の提供は不当?~Appleへの集団訴訟を米地裁が受理

AppleCareで整備済製品の提供は不当?~Appleへの集団訴訟を米地裁が受理

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/09/20
No image

AppleCareやAppleCare+といった保証プランでAppleが“質の劣る”整備済製品を提供するのは不当だとする集団訴訟について、米カリフォルニア州サンノゼの地方裁判所が原告の訴えを受理しました。整備済製品が「新品と同等」と言えるのかどうかが争点となっています。

“整備済”は“新品と同等”ではない?

AppleCareやAppleCare+の規約では、対象デバイスを交換する必要があるとAppleが判断した場合、「新品の交換用製品」か「性能および信頼性において新品と同等の交換用製品」が提供されることになっています。

ところが、Appleから提供された製品が整備済製品だったため、2016年7月に米国で集団訴訟が起きました。整備済製品の“整備済(refurbished)”とは“再調整”の意味に他ならず、「性能および信頼性において新品と同等」とは言えない、と原告側は主張しています。

“新品”とは、過去に使用されたり販売されていたりするものではなく、全部品が新しいデバイスのことを指す。小冊子にして33ページの長さに及ぶAppleCare+の契約条件に、“整備済”という単語は1回登場するのみだ。

Appleは整備済製品も“新品同様”と認識

地方裁判所が訴えを受理したことで、これから原告集団とAppleとの裁判が始まります。

原告側はAppleに対し、iPhoneやiPad、iPodでAppleCareかAppleCare+に加入したユーザーへの補償を求めています。ただし、Appleの公式Webサイトでは、整備済製品について「新品のApple製品と同様の機能上の基準」を満たし「まったくの『新品同様』」と記載されているため、同社にとってはAppleCareやAppleCare+の規約から外れてはいないという認識でしょう。

Source:MacRumors,Apple(1),(2)
(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple Watch Series 5の常時点灯は一度使うと戻れない魅惑の機能だった
iPhone 11で飛躍的に進化したカメラシステム - 松村太郎のApple深読み・先読み
新型16インチMacBook Proのアイコン?macOS Catalinaベータから発見
16インチMacBook Proの画像、macOS Catalinaベータから発見
Apple Payも独禁法に抵触...? EUが調査する可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加