明豊6年ぶり勝利 2年生・浜田が逆転V弾&4打点

明豊6年ぶり勝利 2年生・浜田が逆転V弾&4打点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

5回裏明豊無死一塁、浜田は右中間に適時二塁打を放ちガッツポーズ(撮影・梅根麻紀)

<全国高校野球選手権:明豊7-6坂井>◇13日◇2回戦

2年ぶり6度目出場の明豊(大分)が初出場の坂井(福井)を破り、チームとしても、県勢としても6年ぶりとなる勝利で3回戦に駒を進めた。

先制したのは明豊。3回に浜田太貴外野手(2年)がフェンス直撃の適時二塁打を放った。

1点を追う坂井は5回、2死二塁で帰山のゴロを相手二塁手がグラブで弾きエラー。打球が外野を転がる間に同点のランナーが生還した。

直後の5回裏、明豊・浜田が2打席連続の適時二塁打を放って勝ち越し。その後も1死から佐藤、本多が適時打を放ち、さらに2点を加えリードを広げた。

6回に坂井が再び追いつく。1死二塁からの3連打で3点を奪い同点とした。

8回、坂井が2死二、三塁と攻めると、山内の打球を明豊の三塁、本多が一塁へ悪送球。2人が生還し坂井がこの試合初めてリードした。

その裏、明豊も三村の左越え適時二塁打で1点を返す。なお2死二塁から、浜田が左越えに逆転の2ラン。浜田のこの日4打点目で試合を決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ソフトバンク】大分のバケモノ・今宮健太がさらなるバケモノと戦った夏の記憶
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
巨人、阿部2000安打達成記念グッズ発売 LINEスタンプも
日本ハム・レアード100号グッズ、早速発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加