見るからに怪しい? 出力3300Wのニコイチ電源を発見

見るからに怪しい? 出力3300Wのニコイチ電源を発見

  • ASCII.jp
  • 更新日:2018/06/14

COMPUTEXといえば、毎年ユニークな製品が登場する場として注目している人も多い。Shenzhen JIUMENG electronic technologyという中国メーカーのブースでは、見るからに怪しい電源ユニットを展示していた。

No image
No image

見るからに怪しい出力3300Wを誇るという電源ユニット「JM-3300W」

出力3300Wを誇るという「JM-3300W」は、2つの電源ユニットを合体させたという変わったデザイン。いうまでもなくマイニング向けに特化させた大容量過ぎる電源ユニットだ。

No image

内部をよく見てみると、仕切り板で区切られており、2つの電源ユニットをそのままくっつけたという印象

担当者によると、もともと同社が取り扱っている出力1650Wモデル「JM-1650W」をくっつけて3300Wにしたというコンセプトモデル。12V出力時はシングルレーン仕様の270A(3240W)を実現する。

詳細スペックは不明ながら、80PLUS GOLD認証を取得済み。冷却ファンは140mmとリアの92mmのデュアル搭載。ビデオカード用PCI Express補助電源コネクターが多数用意されていた。

No image
No image

そもそもPCケースへの搭載を考慮しないために実現したサイズ。いかにも大陸的な発想といえる

まずは中国での販売を目指して開発中とのことだが、果たして製品化までたどり着けるのだろうか。来年も彼らがCOMPUTEXに来ていたら、確認してみることにしよう。

【関連サイト】

Shenzhen JIUMENG electronic technology

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AIを進化させるには、ビッグデータが必要不可欠 青山学院大学シンギュラリティ研究所 講演会(3)柴国強氏
音楽、決済、地図機能を搭載したGarminのGPSウォッチ『fēnix 5 Plus』
懐かしのWindows 7、XP、95を今風にデザイン!コンセプト動画
au発表会に現れたロボットがハードSF感満載でワクワクしてきた
マウス、Core i7-8550Uと512GB SSD搭載で約10万円の15.6型ノートを限定販売

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加