バイリンガルの会社員が「英語の苦手」を克服するために取り入れている工夫は?

バイリンガルの会社員が「英語の苦手」を克服するために取り入れている工夫は?

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/13

日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)によれば、2017年度のTOEIC L&R団体特別受験制度・2017年度新入社員の平均スコアは485点だった。ちなみに昨年度の平均点は497点となっている。

No image

英語を使う求人を紹介する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンは、日本語・英語の2言語と専門分野でのスキル・経験を用いて働くグローバル人材に「仕事での英語ニーズ」を聞いたアンケート調査を実施。その結果を発表した。

No image

まず外資系、または日系グローバル企業で働くバイリンガル会社員の87.7%が仕事の「メール」に英語を使っていることが判明(1位)。仕事で英語を使う場面では、メールのほかに「資料作成」(2位 75.5%)、「電話・電話会議」(3位 75%)も上位にランクされている。また、この調査ではバイリンガル人材の3人に1人(33%)が過去1年以内に海外出張・赴任を経験していることもわかった。

No image

英語を使って専門分野での仕事に従事するバイリンガル人材が最も「得意」と答えた仕事での英語対応シーンは1位「メール」(34%)、2位「資料作成」(13.1%)。反対に「交渉・説得」(1位 35.6%)、「電話・電話会議」(2位 29.8%)、「プレゼン・スピーチ」(3位 16.3%)に対しては「苦手・難しい」と感じていることがわかった。日本で活躍するバイリンガル人材は比較的頭の中で整理しながら対応でき、使用頻度も維持しやすいライティング(文章力)に比べ、瞬間的に対応をしなくてはならず使用頻度にも波のあるスピーキング(対話力)に自信がない人が多いのかもしれない。

No image

流暢レベル・ビジネスレベルのバイリンガル会社員が「英語の苦手」を克服するために取り入れている工夫で最も多かったのは「英語を話す機会を増やす」(スピーキング強化)だった。会社の研修制度を活用した英会話受講もその一例だ。これに次いで「ドラマ・映画・インターネット動画を見る・聴く」(リスニング強化)と、「新聞などのニュースメディア・書籍・ブログを読む」(語彙力強化)も多く挙げられた。英語力を磨く基盤が整っているバイリンガル人材にとっては、頻繁に英語を使って英語力を維持することと、ネイティブのような充実した表現力を身につけることが英語力アップの鍵を握るようだ。

■調査概要
実施期間/2017年7月31日~2017年8月4日
対象/同社登録者 n=212人

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?
なぜ「熟女AV」は今もなお売れ続けているのか? アダルトビデオメーカー美人広報がその要因を分析

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加