ロッテが逆転勝ち ペーニャが決勝打 5位の日本ハムと1差、最下位脱出見えた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12

「ロッテ5-3西武」(11日、ZOZOマリンスタジアム)

最下位のロッテが逆転勝ち。5位・日本ハムとの差を1ゲームとた。

1点を追う二回、内野ゴロの間に同点とすると、2点差とされた五回には角中の2号2ランで追いついた。

そして七回、ペーニャが中越えに適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功。さらに鈴木にも適時打が出てこの回、2点を勝ち越した。

ペーニャは「投手が頑張っていたので1本打ちたかった。勝利に貢献できてうれしい」と白い歯を見せた。

先発した酒居は5回3失点と踏ん張ったが勝ち星は付かず。七回を無失点に抑えて2勝目が付いた有吉は、「先発から同点でつながっていたので、僕で切らないように投げました。強気にしっかり投げました」と振り返った。

西武は打線がロッテの10安打を上回る12安打を放ったが、浅村の14号2ラン、15号ソロによる3点にとどまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・山口が書類送検 被害者とは示談成立と球団発表
“天理のバレンティン”神野は不発「変化球でうまく攻められた」
【野球】阪神・藤浪、タオル投入の意味...死球受けた大瀬良は笑顔を送った
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
シーズン100安打達成回数から見る好打者の系譜...現役最多、歴代最多は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加