リヨンに苦戦のユーヴェ指揮官、審判に皮肉「10人での戦いの方が良かった」

リヨンに苦戦のユーヴェ指揮官、審判に皮肉「10人での戦いの方が良かった」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/20
No image

ユヴェントスを指揮するマッシミリアーノ・アッレグリ監督 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が18日に行われ、ユヴェントスはアウェーでリヨンと対戦し、1-0で勝利を収めた。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合後にイタリアメディア『メデイアセット』のインタビューに応えている。

ユヴェントスはMFマリオ・レミナが退場処分を受けて数的不利での戦いを強いられたが、GKジャンルイジ・ブッフォンの活躍もあり、敵地で貴重な勝ち点3を獲得した。

試合を振り返ったアッレグリ監督は「3試合を終えて勝ち点7。まだ失点は喫していない。今日はブッフォンのおかげで失点を免れたけれどね。前半は縦に動くことが少なく、相手のカウンターに苦しめられた。しかし、退場者が出たことで、我々はシステムを変えることを強いられた」とコメント。

そして、「主審は我々から一人を取り除き、スペースを与えてくれたね。素晴らしかった。冗談はさておき、10人で戦っていた方が良かった。もっと良くプレーする必要がある。決して急ぐ必要はない、落ち着いてプレーすべきだ」と笑いを誘う余裕を見せて、改善すべき点を示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ツインズ傘下の超有望株、22歳の164キロ右腕が事故死 車が倒木に衝突
ドルト、ロイスの土壇場弾でケルンとドロー...大迫フル出場、香川はまたも欠場
ザック「本田はサイドの選手ではない」恩師が語る“取扱説明書”
ドルトムント、ロイス劇的同点弾。土壇場で追いつき大迫フル出場のケルンとドロー
バルサ 得点王メッシにMVP

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加