ジープ ラングラー 新型、2020年にPHVを設定へ...ブランド初

ジープ ラングラー 新型、2020年にPHVを設定へ...ブランド初

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/05
No image

ジープ ラングラー 新型(ロサンゼルスモーターショー2017)

もっと画像を見る
FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)傘下のジープブランドは、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017において、新型『ラングラー』に将来、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

これは、ロサンゼルスモーターショー2017の新型ラングラーのプレスカンファレンスにおいて、ジープブランドのマイク・マンレー代表が明らかにしたもの。「2020年モデルのラングラーに、PHVを設定する」と公表している。

新型ラングラーには、ダウンサイズの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを用意。このエンジンには、48Vのマイルドハイブリッドシステム、「eTorque」を組み合わせた。アイドリングストップ、電動アシスト、バッテリ充電、回生ブレーキなどの機能を備え、従来のラングラーでは目立たなかった環境性能を前面に押し出した。

この新型ラングラーの2020年モデルに、PHVが設定されることが明らかに。現時点では、PHVパワートレインの詳細は公表されていないが、ジープブランド初のPHVとして、さらなる環境イメージをアピールする役割を担うことになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?
ドイツ製を上回った! 日本の中小企業が手がけたカーボンプロペラシャフト
名前は『セナ』...マクラーレンの新型スーパーカーは史上最強の800ps、75万ポンド
50年連続黒字を維持する“無名”の自動車部品メーカーが「勇気ある経営大賞」に選ばれたワケ
高額紙幣廃止論のここがおかしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加