【球界ここだけの話(1150)】広島D1・中村奨が大野練習場でサインや写真撮影がNGのワケ

【球界ここだけの話(1150)】広島D1・中村奨が大野練習場でサインや写真撮影がNGのワケ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/14

広島のドラフト1位・中村奨成捕手=広陵高=(18)が、7日に広島・廿日市市の大野練習場で新人合同自主トレの初日を迎えた。ただ、大物ルーキーのデビュー日に、球団関係者は少々浮かない表情をしていた。

「昨年の秋に大野でのサインや写真撮影を禁止にしました。ファンのマナー違反があった。近隣の住民やホテルから苦情がくるようになりまして…」

球団はファンサービスの一環として、選手にサインや写真撮影を応じるように求めている。毎年この時期は大野練習場の正門前で、新人選手とファンがサインや写真撮影で交流する姿がみられるが、ことしはシーンとしている。

転機となったのは、昨年の秋頃で鈴木誠也外野手(23)や安部友裕内野手(28)が故障のため、大野でリハビリをするようになると、普段の倍以上の150人が集結。近隣施設から違法駐車やトイレの無断利用などの苦情が寄せられたため、球団はやむなく、禁止にした。

同関係者は「来ていただけるのはありがたいのですが…。苦情があったので禁止にしました。その代わり、選手にはコンビニや街でサインを求められたときは応じるように言っています」と説明した。

新人合同自主トレで元気いっぱいの動きをみせている中村奨は、小学生の頃に当時広島の栗原健太(現楽天2軍コーチ)からサインをもらって、カープへの憧れを強くした。昨夏の甲子園で“怪物”清原和博(PL学園、5本)を超える1大会個人最多となる6本塁打を放ち、注目の存在に。少年時代の思い出が原動力となったのは言うまでもない。

「まだメドは立ってないですけど、ルール作りをして、大野でファンと交流できるようにしたいですね」と関係者。球団史上初の3連覇を目指すカープ。ファンの注目を集める人気球団になった今、ファンサービスの内容、質、そしてファンとの関係もレベルアップを目指す。(柏村翔)

No image

7日に新人合同自主トレ初日を迎えた広島D1位・中村奨はキャッチボール=廿日市市・カープ大野室内練習場

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
糸井にオーバーワーク禁止令 昨年のキャンプ別メニューから教訓
坂本バットで飛躍だ!巨人D2・岸田が初めてフリー打撃
巨人・岡本 由伸監督母校で覚醒 定位置獲りへ「変わったな、という姿を」
DeNAドラ6寺田 大学再受験、バイト、独立L...26歳でつかんだ夢
ソフトB甲斐、フル代表に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加