最新ランキングをチェックしよう
56歳で直腸がん発見、人工肛門に...誰でも襲われる可能性のある「がん」と正しく向き合うには?

56歳で直腸がん発見、人工肛門に...誰でも襲われる可能性のある「がん」と正しく向き合うには?

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2018/04/17

『がんまんが 私たちは大病している』(内田春菊/ぶんか社)
 現在、2人にひとりは罹るといわれる「がん」は、もはや国民病といっても過言ではあるまい。私自身も父親が胃がんになっており、身内に患者がいるという人も少なくないはずだ。かつてはがんが「不治の病」といったイメージで捉えられていたこともあり、この病名を聞けば絶望的な気分に襲われるのはやむを得まい。しかし国立がん研究センターの統計によれば、200

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夫との夜の営みに悩む女性 「気持ち悪い要求」と「ありえない暴言」に絶句
串カツ田中が全店禁煙にした途端、スゴイ成果が出た...外食業界、一気に完全禁煙化の機運
今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?
「あなたの性癖はとても変」国際的なハッカーグループの一員を装った詐欺が頻発!:世永玲生の電網マイノリティ
しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加