外国証券の寄り付き前の注文動向=220万株の買い越し

外国証券の寄り付き前の注文動向=220万株の買い越し

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/11/13
No image

13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り930万株、買い1150万株で、差し引き220万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。売りセクターに、化学、ゴム、銀行、電機、建設など。買いセクターに、化学、自動車、サービス、電機、陸運など」(外資系証券)という。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東芝が6000億円の増資決定 上場廃止回避へ
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加