最新ランキングをチェックしよう
『未来の年表』や『新聞記者』がヒット 出版界、2017年は「記者本」の当たり年

『未来の年表』や『新聞記者』がヒット 出版界、2017年は「記者本」の当たり年

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/07

独走する産経新聞ベテラン記者を、新顔の東京新聞ママさん記者が激しく追う――選挙予測記事ふうにいうと、こんな感じだろうか。
このところ新聞記者が書いた本が目立っている。中でも、産経の河合雅司論説委員の『未来の年表』(講談社新書)が絶好調。ベストセラーになっている。それに迫る勢いを見せているのが東京新聞の望月衣塑子記者が書いた『新聞記者』(角川新書)。さらに朝日、毎日、読売の記者らも次々と参戦、201

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
フット岩尾、前代未聞の「日大アメフト部会見」司会者を痛烈風刺 「よく言った!」と称賛の声
J1神戸 イニエスタ、年俸32億円は一クラブ分の人件費以上
渡部&佐々木希の初共演で浮き彫りになるフジモン夫妻との「格差」
現役部員「集団告発」も!? 日大アメフト、メディアに証言続々
【日大タックル問題】被害者の父が『加害選手の救済』に乗り出す →「みなさんにお願いがあります」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加