最新ランキングをチェックしよう
『未来の年表』や『新聞記者』がヒット 出版界、2017年は「記者本」の当たり年

『未来の年表』や『新聞記者』がヒット 出版界、2017年は「記者本」の当たり年

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/07

独走する産経新聞ベテラン記者を、新顔の東京新聞ママさん記者が激しく追う――選挙予測記事ふうにいうと、こんな感じだろうか。
このところ新聞記者が書いた本が目立っている。中でも、産経の河合雅司論説委員の『未来の年表』(講談社新書)が絶好調。ベストセラーになっている。それに迫る勢いを見せているのが東京新聞の望月衣塑子記者が書いた『新聞記者』(角川新書)。さらに朝日、毎日、読売の記者らも次々と参戦、201

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
彼女から「子供が産めない体」と告白された男 「まさかの行動」に騒然
「日本代表のスピードとテクに圧倒された」ウルグアイメディアが脱帽!
従順だった妻が急に豹変した理由。夫は知る由もない、平日昼間の“ある出来事”とは
【注意】かつやの「タレカツ丼」が地味に頭おかしい件 / カツが3枚でも5枚でも590円だというので、5枚にしたら死にかけたでござる
ピース綾部、Netflixオリジナルシリーズ『ファイナル・テーブル』で世界デビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加