最新ランキングをチェックしよう
「痛み信号」を脳内で増減、仕組み解明 研究

「痛み信号」を脳内で増減、仕組み解明 研究

  • AFPBB News
  • 更新日:2019/10/17

PET(陽電子放射断層撮影)でスキャンされた人の脳(2019年1月9日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】痛みの信号の増減に関係する脳の回路に注目した最新の研究論文が15日、米科学誌セルリポーツに発表された。痛みを感じる感覚(痛覚)は生存に不可欠だが、痛みは増幅されたり抑制されたりする。例えば、戦場で負傷した兵士が後で振り返ると、その時は何も感じていなかったということはよくある。研究ではこの脳の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「はやぶさ2」が小惑星リュウグウから離脱作業開始。玉手箱を積んで地球に帰ってくるぞ
エボラ出血熱のワクチン「Ervebo」、EUが条件つきで認可
最も効率的に学習できる問題の難度は「正答率85%レベル」であることが判明
「iPS細胞」実用化に時間がかかるワケ
毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加