ハリル監督が選手に守備の“自立”を要求 「開始何分でハイプレスという指示は出せない」

ハリル監督が選手に守備の“自立”を要求 「開始何分でハイプレスという指示は出せない」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/14
No image

ベルギー戦の前日会見で守備戦術の使い分けについて問われると…

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、現地時間14日の国際親善試合ベルギー戦を前にして、選手たちに自立を求める言葉を残した。発端は、10日のブラジル戦を受け、チームのプレッシングについて「選手からも質問を受けた」という言葉からだ。

完敗を喫したブラジル戦後、選手たちは「高い位置からの守備がハマった時とそうでない時があった」と守備面の課題を口にした。中3日でベルギー戦を迎えるため、ハリルホジッチ監督も「トレーニングもハッキリとした形でできたわけではありません」と、戦術をピッチ上の動きで確認する時間を取りづらかったことを認めた。

確認は主に“言葉”を通して行われたが、ハリルホジッチ監督はハイプレスとブロック形成の守備戦術の使い分けについて「選手たちにも同じような質問をされた」と前置きしつつ、ゲームの流れを感じることの重要性を説いた。

「いつ、ハイプレスをかけるのか。いつ、下がってブロックを作るのか。それはゲームの状況が決める。ハイプレス、ミドルブロック、ローブロックは私が決めるのではなく、ゲームの状況に合わせて作るものだ。つまり、ブロックの種類は3つある。それは自分たちが決めるものではなく、相手を見ながら状況によって形成するものだ。ゲームがそれを決める。私ではない。もちろん、タッチラインから指示は出しますが、それが聞こえなかったり、聞こうとされなかったりで、伝わらないこともある」

「いずれにせよ、走らなければならない」

自分たちが予定したことだけをしようとするアプローチでは、ゲームに勝利することはできない――。ある意味、選手たちを突き放すような発言でもあるが、監督に頼り切るのではなく、自分たちでゲームの流れを感じて、その状況に合わせた適切なブロックの選択を求めている。ハリルホジッチ監督は「いずれにせよ、走らなければならない」とした上で、さらに持論を展開した。

「プレッシングは組織プレーであり、しっかりとしたトレーニングが必要だ。ゲームの読み、戦術、チームへの献身性がなければできない。ハイプレスは良い守り方だと思うが、リスクも伴う。全体に良いポジションからハードワークしなければ、ブラジルやベルギーのようなチームは、そこから抜け出してカウンターでチャンスを作ることができる。いつどのようにプレスをかけるのか、選手にも聞かれましたが、開始何分でハイプレスというような指示は出せません。それはゲームマネジメントです」

約10年前に日本代表を率いた当時のイビチャ・オシム監督は「考えて走れ」という言葉を残したが、ハリルホジッチ監督の言葉も本質的な意味では変わらない。全てにおいて監督の指示を待つのではなく、自分たちで考え、判断しながらハードワークすることが、今の日本代表にも求められている。

奪えると判断した時のハイプレス、危険を感じた時のローブロック、そして中間的なバランスのミドルブロックを、スピード感のあるゲームの中で自ら判断して体現できるか。ベルギー戦は指揮官の檄に応える“自立”のプレーに期待が懸かる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文・写真 text & photo by Football ZONE web

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トンガ相手に2019年につながる内容を見せられるか 日本 vs. トンガの見どころ
浦和槙野「うずうずしている」ルカク級FW止める
サッカー香川真司“代表落ち”の理由は「ハリルとの大ゲンカ」!? ウワサの真相に迫る
ミス・インターナショナル、インドネシア代表に栄冠
ベルギー人記者が本音で明かした日本代表の可能性「W杯本番で対戦したい国ではない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加