ゆとり世代のやる気スイッチをオンにするヒント

ゆとり世代のやる気スイッチをオンにするヒント

  • @DIME
  • 更新日:2018/07/30
No image

ちょっと怒るとすぐ辞める、仕事への情熱が感じられない…。そんなことをゆとり世代の部下に対して感じているなら、いっそ、意欲を高める施策を立ててみてはいかがだろうか。大事なのは、相手を知ること。そしてコツをつかむこと。

今回は、ワクワクづくりコンサルタントの伊庭正康さんにゆとり世代のモチベーションを高めるポイントを教えてもらった。

■ゆとり世代の特徴は?

No image

一般的に「ゆとり世代」は小中学校で2002年度施行、高等学校で2003年施行の学習指導要領による「ゆとり教育」を受けた世代といわれる。その世代の特徴としてよくいわれるのが、「打たれ弱い」「消極的でやる気が低い」「主体性がない」などだ。

伊庭さんにとって、ゆとり世代の特徴とはどのようなものと感じているのだろうか。

「ゆとり世代の方は、ナンバーワンになる、競争に勝つといったモチベーションよりは、誰かのために役立ちたいといった貢献志向の高い方が多いです。その背景には、わざわざ競争して勝ち取りたいものが明確にないことが考えられます。

そして、学校教育の中で培われた『いたわりの気持ち』を持っていることも原因です。もちろんキャリアアップやポジションアップを志向する方も少なくありませんが、それよりも重要なことが彼らにはあります。誰かのために役に立ち、自分らしくありたいという思考の方が多いです」

■ゆとり世代のモチベーションをアップするポイント

No image

ゆとり世代を部下に持つ上司は多いはずだ。一般的にやる気が低いといわれる彼らに火をつけられる上司は、非常に重宝されるだろう。そこで、ゆとり世代のモチベーションを高めるポイントを伊庭さんに伝授してもらった。

1.リレーション~絆を感じる機会を与える

「同期の中で1番になるといったことではなく、同期同士で助け合って最高の成果を上げるというほうが彼らのモチベーションは上がります」

2.ロールモデル~お手本探しの手伝いをする

「彼らはロールモデルを探す傾向があります。そのため、部署を越えた先輩との接点作りなども重要なポイントになります」

3.意味づけ

「なぜこれをするのか、誰が喜ぶのか、何が困るのかといったことを伝えることで、彼らはやる意義を感じます」

4.スモールステップ

「彼らは一つ一つ丁寧に仕事を覚えていくことで、成功体験を感じる機会を感じます。あれもこれも一気に無計画に教えると『思った以上にしんどい』と自信を失います」

5.感謝する

「『ありがとうね。その調子でよろしく!』といった声かけが自信につながり、その行動が強化されます」

■火がついたゆとり世代は想像を超える力を発揮する

No image

実際、これらのポイントを刺激して火がついたゆとり世代の部下は、どのような仕事ぶりに至るのか。伊庭さんの体験談を聞いた。

「これらのポイントを刺激したとき、本人が納得している場合は、想像超える力を発揮します。例えば、新人営業でこんなケースがありました。営業活動がうまくいかずに悩む同期に対して、みんなで解決策を話し合い、営業の練習を行い、結果的に全体の底上げが行われたのです。その会社の話では、新人の営業スコアが例年より10%も上がったといいます。これは『自分が勝つより、みんなで勝ち取る』ことへの欲求が強いことがうかがえるエピソードです」

一見、競争心がないと見受けられるゆとり世代の彼らも、一旦火がついて自分のモチベーションが上がると、底力を発揮するようだ。この辺り、上司としては理解を深めてポイントを踏まえて実践してみる価値がありそうだ。

取材協力
伊庭正康さん
リクルートグループでの営業、関連会社代表等を経て、2011年研修会社(株)らしさラボを設立。年200回以上の営業職、リーダー職への研修、講演を行い、リピート率は91%。『営業・セールストークのキホン(すばる舎)』等、多数の著書がある。
(株)らしさラボhttp://www.rasisalab.com/

取材・文/石原亜香利

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
営業マンは売らずに「価値を伝えるべき」の価値ってなに?
眞子さまの恋人・小室圭さん、“億超”警備費は税金――「国民が怒る問題じゃない」と弁護士解説
滝沢カレン 26年間の夢が詰まった“特別な”CMで本領発揮
広尾の高級マンションで出会った、若い男の正体とは。強気な外銀女子が“女”を見せた夜
逃さないで! 転職するベストタイミング3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加