広島打線に頭使わせ 巨人・田口 3連戦頭に価値ある完投10勝

広島打線に頭使わせ 巨人・田口 3連戦頭に価値ある完投10勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

◇セ・リーグ 巨人9―2広島(2017年8月11日 マツダ)

No image

<広・巨>完投で勝利し小林(左)と握手を交わす田口

打者を考えさせる配球。一人で投げきる投球術。カード頭に先発する投手の役割。2年連続で2桁10勝を挙げた巨人・田口に、風格が出てきた。

「先制点を取られたのは反省だけど、その後を抑えられて良かった。移動試合だったし何とか自分がと思っていた」。8安打を許しながら今季最多の127球を投げ抜き、自身6連勝を飾った。

3番・丸には大胆な攻め方を試した。3打席目までに投じた8球はオール直球。8回の第4打席では4球連続でスライダーを投げ右安打を許したが、村田バッテリーコーチは「点差があって徹底できた部分もある」と意図を感じた様子だった。

チームが5勝13敗と大きく負け越している広島から3勝目。高橋監督は「打線がいいチームに勝てているのは大したもの。日々成長している」と称えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホークス石川50日ぶり復活5勝
広島鈴木誠也が右足首骨折判明!痛すぎる4番の離脱
大谷 今季3度目V打「クイックに差されないように」
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
甲子園ベストナインを発表!編集部が選ぶ9人は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加