加藤一二三・九段が仕事復帰「本人たっての希望」...急性胆嚢炎の術後経過は良好

加藤一二三・九段が仕事復帰「本人たっての希望」...急性胆嚢炎の術後経過は良好

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/12
No image

仕事復帰した加藤一二三・九段

胆石性急性胆嚢(のう)炎のため2日に入院、手術を受けた将棋の加藤一二三・九段(77)が11日、テレビ収録で仕事復帰した。所属事務所が明らかにした。

事務所は報道各社に宛てた書面で「11月2日に胆石性急性胆嚢炎の手術を受けて以降、大事をとって1週間ほど入院しておりましたが、本日11月11日のテレビ収録より、本人たっての希望により仕事復帰いたしました」と報告した。

術後の経過は良好で、引き続き通院を続けながら収録に参加し、少しづつ体を慣らしていく、としている。

加藤九段は1日に腹部の痛みを訴え、2日に病院を受診。医師の「出来る限り早い段階での手術が必要」との判断から緊急手術を受け、入院していた。

退院後は、NHKで行われた将棋バラエティー「一・二・三!羽生善治の大逆転将棋」(来年1月3日放送)の収録に参加。仕事復帰も果たしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アンゴラ村長とREINA、高学歴美女2人を相方にした男性芸人がいた!
紅白歌合戦で名前がなかった安室奈美恵、和田アキ子...それぞれの落選事情
鶴ひろみさん、死因は激痛伴う急病 それでもハザードを点け...声優仲間「鶴さんらしいなと」
浜崎あゆみ、胸元ざっくりセクシーショット「見惚れる」「さすがの色気」と反響
“佐藤琢磨と7年不倫”内藤聡子のインスタが意味深......「におわせ」というより「女の念」か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加