落合陽一 × tofubeats 佐賀のイカの透明性、テクノロジーで証明

落合陽一 × tofubeats 佐賀のイカの透明性、テクノロジーで証明

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2018/02/17

メディアアーティストの落合陽一さんと佐賀県がコラボしたイベント「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」が2月27日(火)、28日(水)にiTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズにて開催される。

これは、佐賀県の情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環。

27日には、音楽プロデューサー・tofubeatsさんが会場内にてスペシャルDJプレイを披露する。

現代の魔法使い・落合陽一とは?

メディアアーティスト、デジタルネイチャー研究、実業家、大学准教授など多岐にわたる活躍を見せる落合陽一さん。

No image

落合陽一さん

情報処理推進機構よりスーパークリエータ/天才プログラマーに認定。

2015年には、世界的なメディアアート賞であるアルスエレクトロニカ賞受賞など、国内外で多数の受賞を果たしているほか、昨今は、TVやラジオ、雑誌への出演でも多くの人に知られる。

一方、tofubeatsさんは気鋭の若手音楽プロデューサー。

No image

tofubeatsさん

アイドル曲からヒップホップまで、ジャンルを横断してさまざまなアーティストのリミックスやプロデュース、楽曲提供を担当。

さらに、個人としてもメジャーデビュー以降、3枚のアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

そんな2人が佐賀県とコラボし、唐津市呼子町の名産品である呼子イカの姿を立体映像化したインスタレーション作品「YOBUKO」を制作。

tofubeatsさんはサウンドデザインを担当し、オリジナルトラックを手がけた。

今回開催されるインスタレーション体験イベント「YOBUKO HOLO-EXPERIENCE EXHIBITION」は、「呼子イカの透明性」がコンセプト。

最大3.5mの巨大なインスタレーション「YOBUKO」の登場して、鑑賞者の服に応じて色を変化させながら泳ぎ回る。

なお、先着限定で呼子イカの刺身も提供されるという。

No image

呼子イカ

落合さんのテクノロジーによって、日本人の2人に1人しか知らないイカの透明性が、多くの人に証明されるかもしれない。

なお、本プロジェクトの実施にあたり2月14日より公式サイトも公開されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アン・ルイス、1972〜1977年に発売した初期アルバム全7枚を初復刻/紙ジャケ仕様で3月7日に一挙発売
浜崎あゆみ、自身最多ロングツアー終幕で涙 小室哲哉の名曲も披露
パリピ出身者必見! イベント『ROSETTA』第二弾の開催が決定
祭nine.がドラマ初出演。新ヒーロー“ワッショイダー”として名古屋の平和を守る
三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加