『アメリカン・ゴッズ』ショーランナーが降板、シーズン2の行方は?

『アメリカン・ゴッズ』ショーランナーが降板、シーズン2の行方は?

  • 海外ドラマNAVI
  • 更新日:2017/12/07
No image

英作家ニール・ゲイマンの小説をドラマ化して、高い評価を得ているシリーズ『アメリカン・ゴッズ』。本作のショーランナーが降板することが決定し、シーズン2の行方が心配されていることが分かった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ハンニバル』製作者が手掛けた話題作『アメリカン・ゴッズ』キャストインタビュー

本作は、北欧神話やインド神話などに登場する古き神々と、現代文明から生まれた新しい神々との戦いをめぐる物語。新しい神に対抗するために、謎の男ウェンズデイが、刑期を終えたばかりの男シャドウをボディーガードに、アメリカ中に存在する古い神々を集めようとロードトリップに出るが...というストーリー。

シーズン1でクリエイターを務めていたのは、『ハンニバル』の製作者ブライアン・フラーと、『ブレードランナー 2049 』、『LOGAN/ローガン』などで知られる脚本家マイケル・グリーン。

本作はシーズン2への更新が決定していたが製作が進んでいないのは、フラーとグリーンが製作会社Freemantleと、新シーズンの方向性とエピソード数で意見がぶつかり合ったことが原因だと噂されている。二人が去った後に、誰がショーランナーを務めるのか注目が集まるなか、原作者のゲイマンが任命されるのではないかとも見られていた。

しかしゲイマンは、「違う。それは事実ではない。私は来年まで、イギリスで『Good Omens(原題)』でショーランナーを務めるし、もうドラマ製作からは引退して小説の執筆に戻るつもりだ」とツイートし、噂を完全に否定している。フラーとグリーンの降板について、本作の放送局の米Starzからコメントは発表されていない。

シーズン2の脚本はほとんど書き上がっているとのことだが、新ショーランナーが決まらないことには撮影を開始できないため、シーズン2の放送が大幅に遅れる可能性がありそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アメリカン・ゴッズ』
© 2017 Amazon.com Inc., or its affiliates

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今夜放送『FNS歌謡祭』第2夜、タイムテーブル発表
低視聴率でも「心に残るドラマ」と高評価の『明日の約束』
井上真央「明日の約束」黒幕はミッチーか5・1%
“奥様”と事件解決!上川隆也、『完璧すぎる執事』役に初挑戦
西島秀俊は『取り扱い注意』? 日テレが“タブー破り“で、ドラマ続編決定も黄色信号
  • このエントリーをはてなブックマークに追加