オススメの練習着パンツ履き比べ! キミに合う練習着パンツはどっち?!

オススメの練習着パンツ履き比べ! キミに合う練習着パンツはどっち?!

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2016/10/19

いっぱい練習して、ユニフォームを汚した選手が「最後は勝つ」なら、やっぱり丈夫で長持ちして、さらに履き心地も良い練習着パンツを選びたいもの。今回、野球プレーヤーの皆様に、今、人気のミズノのベースボールユニフォームパンツ2種類を3週間履き比べていただきました。その結果、それぞれの練習着の特徴が判明!用途や目的に応じたオススメのユニフォームパンツをご紹介します!

ミズノから発売中のベースボールユニフォームパンツ「Global Elite 練習用パンツ」と「GACHI PANTS」。これまでのベースボールユニフォームパンツの常識を超え、プレーの幅も広げるパンツたちの特徴を選手たちからの声でお伝えします!

「Global Elite 練習用パンツ」と「GACHI PANTS」を選手たちが体感!

No image

左が「Global Elite 練習用パンツ」、右が「GACHI PANTS」

軽量かつソフトな着こなし。かつシャープな形に定評のあるミズノの「Global Elite練習用パンツ」(グローバルエリート)。一方、汚れにくく、破れにくく、かつ動きやすい実用性に富んだ同じくミズノの「GACHI PANTS」(ガチパンツ)。いずれも数あるベールボールユニフォームパンツの中でも選手の立場に寄り添う優れものである。

では、実際のプレーや部活動の中で「Global Elite練習用パンツ」と「GACHI PANTS」はどのような効力を発揮してくれるのか?選手たちに実践してもらうことにした。

今回「Global Elite練習用パンツ」と「GACHI PANTS」を履いてもらったのは、投手2名、内野手5名、外野手1名の計8名。嬉しそうに真新しいパンツに身を包んだ選手たちは早速、ノック・バッティング・ピッチングなど、それぞれの練習に散っていく。

少し見ていると「Global Elite練習用パンツ」と「GACHI PANTS」を履いている選手の皆さんはそろって打っても、守っても、走っても他とは一段上の躍動感あふれる動きを披露。その顔も実に楽しそうだ。では、存分に体験してもらいましょう!

ということで約3週間後。練習を終えて満足げに戻ってきた選手たちに改めて「Global Elite練習用パンツ」と「GACHI PANTS」の感想を聞いてみることにした。

「Global Elite練習用パンツ」で得られる「あと一歩」のプレー

No image

「Global Elite(GE)」を履いて軽快に動く三塁手

8名に共通する意見は「軽いし動きやすい」「着心地がいい」といった機能性のよさ。その上でさらに選手たちへ具体的な意見を求めると、こんな話が次々と出てきた。まずは「Global Elite練習用パンツ」を履いた感想から聞いてみよう。

「軽いし、ピッチングをしていても広がりやすいので体重移動もスムーズにできる。軸足から一気に重心移動ができるので、よりいいボールがいきますし、フィールディングにも移りやすい。これならコンディションが悪くてもカバーできそうです」

と、まず話してくれたのは野球歴7年の投手。伸縮性のよさがプレーにおける「あと一歩」や、より体重が乗ったボールにつながっている。では、野手はどうだろう。

「走塁の一歩目が出やすいので、走るのも速くなった実感があります。三塁手で一番大事な強い打球を処理するときも、より低く入れるので反応しやすいし、バッティングでもより踏み込んで打てる感覚があります」

と走塁面での「あと一歩」がでるメリットに加えて三塁手ならではの実感を語ってくれたのは野球歴7年の選手。また、同じ三塁手の選手は、

「僕はお尻や太ももが太いのでショートタイプのパンツだと動きにくい部分があるんですが、このパンツは伸縮性がある。ノックを受けていても、これまでより『もう一歩』が出てきますし、バッティングをしていても低めの変化球へのとっさの対応が伸縮性があるので、下半身を使って打てるようになりました」

なるほど。野手も投手同様に「Global Elite練習用パンツ」を履くことで様々な効果が得られているようだ。

汚れにくく、丈夫な「GACHI PANTS」

No image

「GACHI」を使って下半身主導で投球練習を行う投手

一方「GACHI PANTS」の場合はどうだろう。まずは投手陣に聞いてみよう。
「素材も丈夫なので、パフォーマンスが広がります。ブルペンでピッチングフォームが安定するので、いつもよりもいいボールがいっています」(野球歴7年)

「投げていてもフォームをしっかり作れます。ブルペンでキャッチャーに受けてもらった後にも『ボールのキレがよくなった』と言われました」(野球歴6年)

「GACHI PANTS」の機能性が投手の安定したフォームを生み出し、生命線であるボールの「キレ」につながっているということだ。さらに野手からはこんな意見も。
「動きやすくて丈夫なので、一塁手の仕事である内野ゴロの送球を捕るときも、思い切ったプレーができる。バッティングでもテイクバックを取りやすいので、インパクトの際に体重が乗りやすいですね」(一塁手)

「スライディングしてもパンツが破れる心配をしないでいいし、バッティングでもアウトコースへの反応がしやすいです。そして普段履いているものと比べて20分から30分は洗濯時間が短いです!」(一塁手)

スライディング後にどうしても気になってしまうパンツの状態も「GACHI PANTS」なら安心。「Global Elite練習用パンツ」パンツと同じく選手たちのコンディション調整時間を確保する意味でも、保護者の皆さんの負担が減る部分でもうれしい洗濯時間の短さも含め、「GACHI PANTS」も「Global Elite練習用パンツ」同様の優れものだということが選手たちからの話を聞いてもわかる。

「Global Elite練習用パンツ」と「GACHI PANTS」の使い分けで素晴らしいプレーを手に入れよう!

こうして最後は「また履いてみたい!」と声を合わせてくれた8名。その笑顔には短期間でプレーを向上できた充実感が漂っていた。

選手個々の特徴に合わせて伸縮性が優れているので「あと一歩」が出せる「Global Elite練習用パンツ」と、丈夫で破れにくいので思い切ったプレーができる「GACHI PANTS」を使い分ける。それが練習中の「走・攻・守」向上に大きな助けとなり、最終的には試合での効果につながっていく。そのことが今回の体験と話を通じ、皆さんもわかっていただけたのではないだろうか。

このように、素晴らしいプレーを生み出すための本気の練習をすべて受け止め、サポートしてくれるベースボールユニフォームパンツ「Global Elite練習用パンツ」と「GACHI PANTS」。球児のみなさんもぜひ一度、その履き心地を実感してほしい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
巨人、陽に“Vの使者”背番号「2」提示 小笠原、井端は加入初年度にセ界制覇
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
日ハム、今季限りで現役引退の武田勝をBCリーグ石川に派遣
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加