【マンガで雑学】日本語が公用語になっている「太平洋の楽園」がある?

【マンガで雑学】日本語が公用語になっている「太平洋の楽園」がある?

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/12/07
No image

10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

日本語が公用語になっている「太平洋の楽園」がある?

解説

「太平洋の楽園」ことパラオ共和国にあるアンガウル島では、パラオ語と英語の他に日本語が公用語となっています。これは第二次世界大戦前まで日本の委任統治領であったことに由来していますが、現在は日常的に日本語が使われることはありません。また、ここ以外に日本語が公用語となっている場所はありません。

2017年12月7日14時 追記:記事初出時「ここ以外に日本領土ではない地域で日本語が公用語となっている場所はありません。」と記載していましたが、「日本の公用語が日本語とは明確に規定されていない」というご指摘を受け、表現を修正しました。

マンガで雑学」記事一覧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
風俗店入るビルで火災 4人死亡1人重体 さいたま市
同僚の男2人に体内に空気入れられ男性が死亡
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
エネルギー小国日本の選択(17) ── 変わるエネルギー業界の今
  • このエントリーをはてなブックマークに追加