いぶして甘み熟成 今庄地区の特産つるし柿

いぶして甘み熟成 今庄地区の特産つるし柿

  • FBC 福井放送
  • 更新日:2022/11/25
No image

いぶして甘み熟成 今庄地区の特産つるし柿

南越前町の今庄地区で特産のつるし柿づくりがピークを迎えている。今年8月の大雨の影響で柿の収穫ができずに生産を断念した農家もいる中、出荷量の確保に向けて、生産団体では協力して作業を続けている。(11月25日)

同地区のつるし柿は熟成された甘さが人気で、特産品として450年以上の歴史がある。25日は農家がつるした柿をいぶす作業に追われていた。

今庄特産柿振興会の赤星弘毅会長は「大きな柿がなっているので、そのままにしているのはもったいない。受け継いで作っている」と話した。今年は実の多い「表年」にあたり、例年並みの出荷量を目指して、12月中旬まで作業が続けられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加