瀬戸朝香、3年ぶり女優復帰!米倉涼子&内田有紀と意気投合

瀬戸朝香、3年ぶり女優復帰!米倉涼子&内田有紀と意気投合

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

女優の瀬戸朝香(44)が、12月2日放送のテレビ朝日系木曜ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(午後9時)の第8話にメインゲストとして出演。約3年ぶりに演技を披露する。

女優・米倉涼子(46)主演の人気ドラマ第7シリーズ。フリーランスの外科医・大門未知子が、100年に一度のパンデミックで新局面を迎えた大学病院「東帝大学病院」を舞台に新たな戦いへと身を投じていく。

瀬戸は夫で元V6の井ノ原快彦(45)との間に2人の子どもがおり、近年は育児に専念するため女優業をセーブ。今回、約3年ぶりの女優復帰となった。

演じるのは、大門の同志であるフリーランス麻酔科医・城之内博美(内田有紀、46)の同級生・八神さつき。重篤ながんに侵され、東帝大学病院に入院する。

米倉とは16年ぶりの共演で、その時の作品は、遺産をめぐる群像ドラマだったとあり、「あの時はバチバチの関係を演じていて、涼子ちゃんにガツンと言う役だったんです。今回の現場でも、当時の思い出話で盛り上がりました」という。米倉は「当時は朝香ちゃんにやり込められる役だったので、雑談もあまりしていなかったんですけど、今回は私生活や健康面の話でも盛り上がったんです。サッパリした人なので、気が合うなって改めて思いました。『今度お茶しようよ』と約束もしたほどです!」とすっかり意気投合。

内田とは初共演となるが、瀬戸は「有紀ちゃんは優しくて、すごく気遣ってくれる方!気さくで壁もないので、合間のおしゃべりも本当に楽しいです。ぜひまた、次はロングスパンでご一緒したいです」と再共演を期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加