ハンカチを持っていたら「女子みたい」と言われた30代男性

ハンカチを持っていたら「女子みたい」と言われた30代男性

  • キャリコネニュース
  • 更新日:2022/05/14
No image

画像イメージ

「男性だから」「女性だから」と、性別でイメージや役割が決めつけられていることがある。キャリコネニュースにも

「男だからと荷物や重いもの持たされがち。『重い』と言うと男でしょと怒られる」(茨城県/20代男性/専門職/正社員/年収300万円)

といった悲しみが寄せられている。今回は「性別」をめぐる違和感について、男性からの意見を紹介する。(文:コティマム)

キャリコネニュースではジェンダーギャップをテーマにしたアンケートを実施しています。回答はこちらからhttps://questant.jp/q/ZYVZFJ4M

「スイーツ好きだと『女子みたい』と言われる」

どんな趣味嗜好でも性別は関係ないはずだが、「女性向け」のイメージが固まっていることがある。

大阪府の30代男性(サービス・販売・外食/正社員/年収350万円)は、

「スイーツ好きであったり、ハンカチを持参しているだけで『女子みたい』と言われた事があります。相手には悪気はなかったと思いますが……」

と胸の内を明かす。

また神奈川県の40代男性(事務・管理/派遣社員/年収250万円)は、職種面で理不尽を感じている。

「『事務方の仕事』という話でしたが、女性の事務方の人よりデスクワーク系(CAD、ACCESS含む)が正確に早くできるのに、施工チームに配属された」

「いったい何のヘルプをして欲しいんだか?」

大分県の50代男性(その他/派遣社員/年収200万円)も、職種に関して思うことがある。

「ITやPCのヘルプデスク求人に応募すると、『女性を希望している』と断られること多々あり。いったい何のヘルプをして欲しいんだか?」

また、「同様の業務募集で『男性は夜勤専属またはシフトです』と言われる。作業系求人に応募すると『女性は座り仕事、男性は体を使う仕事をやってもらう』、食堂は『女性優先で男性は後回し』」など、男性は就活を通して性別と職種のイメージを感じてきた。

性別にかかわらず得意・不得意な職種はあるはずだが、まだまだ性別による役割のイメージは根強く残っているようだ。

コティマム

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加