信号待ちトラブルであおり合い、警察署に逃げ込もうとした車に追突 21歳男起訴 兵庫

信号待ちトラブルであおり合い、警察署に逃げ込もうとした車に追突 21歳男起訴 兵庫

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2021/11/25

乗用車であおり運転をしたとして、神戸地検姫路支部は25日までに、道交法違反(あおり運転)などの罪で、兵庫県姫路市の土木作業員の男(21)を起訴した。17日付。同支部は認否を明らかにしていない。

No image

神戸地検姫路支部が入る姫路法務合同庁舎=姫路市北条1

起訴状などによると、男は3月、姫路市内で乗用車を運転中、別の乗用車の進路をふさいだり追い越したりした上、県警福崎署に逃げ込もうとしたこの車に追突して花壇に衝突させ、同乗者らにけがを負わせたが、そのまま走り去ったとされる。

福崎署によると、2台は信号待ちを巡るトラブルからあおり合いになった。姫路区検は、もう一方の車を運転していた男(46)についても道交法違反(あおり運転)の罪で略式起訴。姫路簡裁は17日付で、罰金30万円の略式命令を出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加