オリックス吉田凌 雪辱の思い込めた6球 第3戦負け投手の完璧火消し

オリックス吉田凌 雪辱の思い込めた6球 第3戦負け投手の完璧火消し

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス オリックス2番手で登板する吉田凌(撮影・垰建太)

<SMBC日本シリーズ2021:ヤクルト5-6オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

オリックス吉田凌投手(24)が完璧な火消しを見せた。2-2の6回に先発山崎福が2死一、三塁としたところで登板。中村に対してフルカウントから伏見のサインに1度首を振った後、外角低めスライダーでバットの芯を外し右飛でピンチを脱した。第3戦ではサンタナに決勝2ランを浴びて負け投手になり、雪辱の思いを6球に込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加