明徳義塾は仙台育英と対戦 米崎主将「一戦必勝」馬淵監督は単独4位52勝にあと1

明徳義塾は仙台育英と対戦 米崎主将「一戦必勝」馬淵監督は単独4位52勝にあと1

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

オンライン抽選を見つめる明徳義塾・馬淵史郎監督

「第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会」(23日)

四国王者・明徳義塾(高知)が大会初日第2試合で東北王者・仙台育英と激突する。

オンラインで抽選に臨んだ、主将の米崎薫暉内野手(2年)は「相手は強い。自分たちがどのような野球をするか、だと思う」と、強豪との対戦に力を込める。「(チームの状態は)いい感じです。一戦必勝で優勝目指して頑張ります」と、春の頂点を誓った。

チームを率いる馬淵史郎監督(65)は、現在、甲子園春夏通算51勝で、元横浜監督の渡辺元智氏(76)、帝京の前田三夫監督(71)と並び歴代4位タイ。あと1勝で単独4位に浮上する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加