旧ソ連のTV版『指輪物語』がYouTubeに。1991年制作、放送1度きりの超レア作品

旧ソ連のTV版『指輪物語』がYouTubeに。1991年制作、放送1度きりの超レア作品

  • Engadget
  • 更新日:2021/04/06
No image

Channel 5 Russia

1991年に旧ソビエト連邦で制作された、J・R・R・トールキン原作のファンタジー小説『指輪物語』を題材とするドラマ『Хранители(Keepers)』が、1時間ずつの前後編でYouTubeにアップロードされています。

『指輪物語』を原作とした映像作品といえば、真っ先に思い出すのはピーター・ジャクソン監督による2001年の映画ですが、ソビエト版はジャクソン版で省略されたトム・ボンバディルが登場するなど、ハリウッド版とは異なる要素を多く含みつつ、独特なテイストの作品になっています。

この作品はレニングラード・テレビジョン(現在のチャンネル5)が制作、アップロードしたもので、91年当時に1度だけテレビで放映されました。以来、再放送もソフト化もなく、ファンの間ではもはや失われたと思われていました。

また1991年といえば米国では『ターミネーター2』が公開された年で、われわれの住む日本の当時のテレビ局と比べても、体制が崩壊した当時の旧ソ連のテレビ局のVFX技術などはかなり古いものだったことがわかります。それでも、このファンタジー大作を映像化したスタッフにはナイストライと言いたいところ。演出や演技はなんとなくバレエの雰囲気もあり、俳優たちがときどきカメラ目線で決めゼリフを言うのも古き良き時代のテレビ風で良い感じです。

当然ながら俳優たちはロシア語で話しているため、多くの人はそのままでは意味がまったくわからないとは思いますが、そこはYouTube、字幕表示で設定を日本語にすれば、完璧に正確とまでは行かないまでもだいたいの意味はわかるようになるので、ご興味のある方はフルで視聴されてみては如何でしょうか。

ちなみに、Newsweekによると旧ソ連では1985年にも『ホビットの冒険』を原作としたテレビ番組が制作されたと伝えており、そちらの発掘もファンの間で期待が高まっています。

Source:YouTube(1),(2)
via:The Guardian,Newsweek,Ars Technica

Munenori Taniguchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加