NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
英、空母打撃群を日本に派遣 中国をけん制

英、空母打撃群を日本に派遣 中国をけん制

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/21
No image

東京で菅義偉首相(右)との会談に臨むベン・ウォレス英国防相(2021年7月20日撮影)。

【AFP=時事】英国は20日、海軍の最新鋭の空母打撃群が日本の5港に寄港すると発表した。同時に中国に対し、アジア太平洋の係争海域で航行の自由を脅かすいかなる行為にも及ばないようけん制した。

新空母「クイーン・エリザベス」が率いる打撃群は現在、アジア太平洋地域に向けて航行している。

ベン・ウォレス国防相の訪日に際し、英関係者らは、空母打撃群は同盟諸国の海軍と合同演習を行った後、9月に日本各地の5港に寄港すると述べた。

さらに、来月から哨戒艦2隻を同地域に常駐させ、日本、オーストラリア、シンガポールの船舶から支援を受けることも明らかにした。

中国は、南シナ海の大部分について領有権を主張。近隣諸国の反発を招き、米国など遠方の国々も抗議している。

ウォレス氏は東京で英紙タイムズの取材に対し、空母打撃群が日本へ向かう途中に南シナ海を経由するため、英国には航行の自由を主張する「義務」があると述べた。

「われわれは中国を尊重する、そして中国もわれわれを尊重することを願う」と語った同氏は、「国際法で認められている場所は航行する」と強調した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加