「どの写真が好きですか?」番号変更の三谷沙也加らが長野L今季ユニのモデルに 着用着はオークションにも

「どの写真が好きですか?」番号変更の三谷沙也加らが長野L今季ユニのモデルに 着用着はオークションにも

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/06
No image

AC長野パルセイロ・レディースは5日、2022-23シーズンで着用するユニフォームのデザインを発表。モデルを務めたMF三谷沙也加も自身のインスタグラムで紹介している。

【写真】長野L三谷沙也加らの新ユニフォームショット

昨シーズン7位に終わった長野レディースは、前任の小笠原唯志監督が退任し、新たに田代久美子ヘッドコーチが監督に就任した。

新指揮官を迎えてスタートする今季のユニフォームは、これまで同様『PENALTY(ペナルティ)』がサプライヤーを務める。「チャレンジを楽しむ」とのコンセプトのもと、女子チームとしては初となるオレンジとネイビーのストライプを採用し、ネイビー部分には長野の夜空に見える「満天の星」をイメージした。

2列目からの飛び出しを武器に、昨季はリーグ戦13試合に出場して2得点を挙げた三谷もインスタグラムにてユニフォームショットを公開。背番号は「11」から「7」へと変更となり、「7 SAYAKAユニフォームをスタジアムでたくさん見たいです」とも綴っている。

「先日、Uスタで撮影をしたユニフォームショットを公開しま〜す。3ショット&ピンショット、4枚ずつです。みなさんは、どの写真が好きですか?」

「良い写真をたくさん撮ってもらえたので少しずつ載せていきますねっ。カメラマンさんありがとうございました」

チームの主軸であるMF大久保舞DF肝付萌と、本拠地長野Uスタジアムで撮影された一枚には「斬新なユニフォームでカッコいいですね」、「全部可愛い。もうモデルじゃん」、「どれもよくて選べない」、「どの写真も大好きです!」など、好意的なコメントが寄せられている。

販売は6日から28日までの受注生産。また、長野レディースでは選手が撮影時に纏ったサイン入りユニフォームのオークションを、『HATTRICK』にて開催している。前述の3名に加え、U-20日本女子代表としてコスタリカでのU-20女子ワールドカップ(W杯)に臨む新加入のDF長江伊吹を含む4名が対象で、こちら7日22時までとなっている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加