SixTONESの愛され力!田中樹「僕はちーかね」第7世代ガチ友でバラエティ覇権

SixTONESの愛され力!田中樹「僕はちーかね」第7世代ガチ友でバラエティ覇権

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/02/22
No image

SixTONES

2月15日放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)に、SixTONESジェシー(24)、田中樹(25)、森本慎太郎(23)が出演した。霜降り明星粗品(28)に「このお3方、皆さんの中に、仲がいいメンバーがいるとお聞きしたんですが、田中さんは?」聞かれた田中は「僕はちーかねですね」と、EXIT兼近大樹(29)の名前を挙げた。

関連:SixTONES京本大我「近藤真彦ヤラカシ」も!さんまドン引きの激ヤバ天然素顔

これに兼近も「きましたねー」「そうよ。じゅったんとかねちー、ここ仲いいのよ」とアピール。田中は「ちょっと前まで髪型がもう本当あれだった」と兼近のピンクヘアを指し、「ファンの方々がなんか似てるっていうのを結構こう、ネットとかで言っていただいてて」「それがネットニュースみたいになってて」と告白。「で、スタジオのメイク室でたまたま(会って)。ちーかねがパッて振り返って“あ、やっと会えましたね”って言ってくれて」と、仲良くなったきっかけを明かした。田中は、現在ダークカラーの髪色になっているが、デビューした昨年1年は兼近と同様のピンクヘアだった。

またジェシーは、「まあプライベートで一番多いのはせいちゃんですね」と、霜降り明星のせいや(28)を挙げ、せいやも「ジェシちゃん、せいちゃんの仲で」「いや、もうなんか共演きっかけで、ジェシちゃんが誘ってくれて」「俺ん家で1回サシ飲みもしたことある」「桃鉄2人でずっとやって」と語り、「ホンマにでもノリが合うから。ホンマ俺ん家でラップのビートかけて、もうしゃべれん。2人でこうやって」と踊ってみせた。せいやは、コンビが担当するラジオ『霜降り明星のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)でも、ジェシーとゲームをした話や一緒に食事に行って4~5時間しゃべったと語っており、ジェシーについて「めっちゃオモロイ」「めちゃめちゃボケる」と絶賛していた。

■SixTONESは「調子乗り」

そして森本は「僕は昴兄でございます」と、ミキ昴生(34)を指したが、昴生は「昴兄なんて1回も呼んだことないやろ」「調子乗りばっかりなんすよ、SixTONEってホンマに。ジェシーもそうやし」と苦笑い。しかし、弟の亜星(32)は「これ言うのよ」「楽屋とかあいさつしにきてもらったときとか、結構みんなの楽屋とかにブワーってSixTONE来てくれて“昴生さん!”みたいな」「そんときも“いや来んなや、おまえら!”とか言いながら、ものっすごくうれしそうやねん」と、昴生の様子を暴露。昴生も照れながら「なかなかないで、だってジャニーズが楽屋あいさつ来てくれること」「そんなんうれしいやん」と本音を明かした。

SixTONESと霜降りミキXITメンバーの交友関係に、視聴者からは「それぞれのコンビとSixTONES3人が友達ってご縁あるなぁ」「SixTONESの友達だらけやん笑」「ほんまただの友達やんけw」「仲良しの友達とワイワイ遊んでる感じが良かった」「ジェシーどのバラエティ出てもお友達いる説w」「樹とかねちーはまじで最高すぎる」「昴生と森本くんは意外だ」と盛り上がっていた。

ジェシーは、芸人だけでなく菅田将暉(28)、King Gnu井口理(27)などとも友人で、井口は2020年当時自身が担当していたラジオ番組で、ジェシー、森本、京本大我(26)と友人関係であることを明かしていた。また森本も交友関係が広く、昨年8月放送の『SixTONESのオールナイトニッポン サタデースペシャル』(ニッポン放送)で、カリスマホストのローランドや、とんねるず木梨憲武(58)、さまぁ~ずとのエピソードを語り、田中を驚かせていた。

2020年1月にデビューしてまだ1年ちょっとのSixTONESだが、メンバーたちはバラエティなどでもひっぱりだこ、芸能界での交友関係も広い。今後ますます活躍の場を広げていきそうだ。

いま一番読まれている記事を読む

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加