【蒼穹】はなんて読む?青空の言い換えである難読漢字

【蒼穹】はなんて読む?青空の言い換えである難読漢字

  • Ray
  • 更新日:2022/08/06

「蒼穹」はなんて読む?

みなさんは、この漢字を見たことがありますか?

「蒼」を見たことはあっても、「穹」は見たことがないという人もいるかもしれません。

「蒼穹」は、空に関する言葉ですよ。

いったい、なんと読むのかわかりますか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

No image

果たして、正解は?

正解は「そうきゅう」でした!

「蒼穹」とは、「あおあおとしている空」「青空」という意味です。青空の別の言い方が「蒼穹」だと覚えておくと良いですよ。

「蒼」には「青い」、「穹」には「そら」「高い」という意味があります。晴れていて天が高く見えるほど青い空模様が目に浮かぶ、美しい言葉です。

少し難しい言葉なので、日常会話よりも書籍や詩において使われることが多いかもしれません。青々とした大空を見上げたとき、「蒼穹」という言葉を思い出してみてくださいね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

💖【体裁】はなんて読む?意外と読み間違えがちな常識漢字!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加