全長380m!山田涼介主演『大怪獣のあとしまつ』特報に巨大怪獣現る 新キャストも発表

全長380m!山田涼介主演『大怪獣のあとしまつ』特報に巨大怪獣現る 新キャストも発表

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/10/14
No image

新キャストの濱田岳、オダギリジョー、西田敏行

山田涼介Hey! Say! JUMP)主演の映画『大怪獣のあとしまつ』(2022年2月4日全国公開)の特報映像が14日に公開され、謎のベールに包まれていた超巨大怪獣の姿が明らかになった。併せて新キャストとして濱田岳オダギリジョー西田敏行の出演も発表された。

本作は、特撮映画などで倒された怪獣の死体は一体どのように処理されていたのか? 誰もが一度は抱いたであろう疑問を、ドラマ「時効警察」シリーズや映画『俺俺』などの奇才・三木聡監督が描く超スペクタクルな物語。人類を未曽有の恐怖に陥れた巨大怪獣がある日突然死亡し、国民が歓喜に沸き安堵に浸る一方で、残された巨大な死体の腐敗・膨張が進み、爆破すれば国家崩壊の事態に陥る……。

先ごろYouTubeで総再生回数180万回を超えた超特報映像に続き、新たな特報映像は、怪獣の雄たけび、「人類を恐怖のどん底に陥れた大怪獣が突然死んだ。その死体から発生するガスにより未曽有の危機が迫っていた……」というナレーションから始まる。お目見えとなった巨大怪獣は、東京ドームの約1.5倍にあたる全長380m(頭から尻尾まで)、全高155m(つま先から胴体まで)。

荒廃した街や、市民によるデモの様子など緊迫したシーンが続き、国家の危機に立ち向かう特務隊員の帯刀アラタ(山田涼介)やヒロイン・雨音ユキノ(土屋太鳳)に加え、新キャストの姿も。

No image

ユキノの夫で、真相究明のために暗躍する総理秘書官・雨音正彦役に濱田岳。ドレッドヘアが特徴的な元特務隊で爆破処理のプロのブルース役に「時効警察」など三木聡作品の常連であるオダギリジョー。未曽有の難問に翻弄される内閣総理大臣・西大立目完役に、名優・西田敏行。

意味深な怪獣イラストの場面写真も公開された。(編集部・石井百合子)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加