『silent』が個人全体、女性で1位!REVISIO、秋ドラマの初回注目度ランキングを発表 / Screens

『silent』が個人全体、女性で1位!REVISIO、秋ドラマの初回注目度ランキングを発表 / Screens

  • Screens
  • 更新日:2022/11/25

家庭に人体認識技術を搭載した機器を設置し、テレビスクリーンの「視られている量」を測るREVISIO株式会社(2022年10月にTVISION INSIGHTSから社名を変更、所在地 :東京都千代田区、以下REVISIO)は、10月にスタートした秋ドラマについて、初回放送での注目度ランキングを作成し、人気の傾向を分析した。

今回は、目黒蓮、川口春奈主演のフジテレビ『silent』が個人全体、女性ランキングで1位となった。TBS日曜劇場の『アトムの童(こ)』は、僅差で2位だった。

【関連記事】フジテレビ『silent』、TVerでの見逃し配信582万再生と前人未到の記録樹立

そのほかには、10月からスタートした福原遥主演のNHK朝ドラ『舞いあがれ!』が3位に入り、男性の注目度ランキングは1位だった。

また、お仕事ドラマとして奈緒主演の日本テレビ『ファーストペンギン!』が個人全体で4位、男性で2位にランクインした。

大河ドラマ出演後初、吉沢亮が主演したフジテレビ『PICU小児集中治療室』も上位にランクインしている。

No image

参考:※2021年の年間の、プライム帯(19~23時)におけるドラマジャンルの平均注目度は63%

全体的に、若年層が主演を務めるドラマが増え、ターゲットの若返りを狙っていることがうかがえる。また、女性脚本家の作品が多いのも特徴。個人全体の1位から3位のランキングと、女性のランキングは同様で、かつ注目度も高く、ドラマは特に女性に支持されていることが分かる。

REVISIOでは、視聴者がテレビに目線をどれだけ向けたのかのデータを独自に取得して、テレビ番組では毎分、CMでは毎秒で視聴データを取得している。

■今回分析に利用した指標について※注目度とは?

テレビの前にいる人(滞在者)のうち、テレビ画面に視線を向けていた人(注視者)の割合を表し、シーンに注目している度合いがわかる。

No image

REVISIO株式会社

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加