ガンバ大阪が浦和レッズに逆転勝利。川崎フロンターレの今節優勝決定を阻止

ガンバ大阪が浦和レッズに逆転勝利。川崎フロンターレの今節優勝決定を阻止

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/22
No image

【写真:Getty Images】

【浦和レッズ 1-2 ガンバ大阪 J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節の浦和レッズ対ガンバ大阪戦が22日に行われ、アウェイのG大阪が2-1の勝利を収めた。この結果、首位に立つ川崎フロンターレの優勝が今節で決定することはなかった。

川崎Fは21日の大分トリニータ戦に勝てば自力で優勝決定となる状況だったが、結果は0-1の敗戦。今節で優勝が決定するかどうかは2位のG大阪の結果に委ねられることになった。

前半27分には9年連続二桁得点を狙う興梠慎三がエリア左に抜け出して決定的なシュートを放ったがGK東口順昭が好セーブ。40分にはG大阪のCKからのクロスが興梠の頭に当たってポストを叩きあわやオウンゴールかという場面もあったが、両チームとも無得点で前半を折り返した。

後半立ち上がりには長澤和輝の強烈なミドルシュートがクロスバーを直撃。55分にもレオナルドのシュートが左ポストをかすめるなど、浦和があと一歩までゴールに迫るチャンスを作り出す。

そしてついに均衡が破れたのは62分。浦和の右CKから大きく戻されたボールを山中亮輔が右サイドの低い位置で受け、エリア内の逆サイドへクロスを入れる。トーマス・デンが頭でマイナス方向へ折り返したボールを最後は槙野智章が押し込んで浦和が先制した。

だがG大阪もすぐさま反撃。4分後の66分、ゴール前での混戦となった形から足元にこぼれたボールを宇佐美貴史が収め、右足の低いシュートを突き刺して試合を振り出しに戻した。

さらに81分、左CKを獲得したG大阪は山本悠樹からのクロスに中央で高尾瑠が合わせてヘディングを叩きつける。高尾のプロ初ゴールでG大阪が逆転し、そのまま2-1で勝利を収めた。

25日水曜日に行われる次節は、川崎FがホームにG大阪を迎えて1位と2位の直接対決。川崎Fが引き分け以上なら優勝が決定する。

【得点者】
62分 1-0 槙野智章(浦和)
66分 1-1 宇佐美貴史(G大阪)
81分 1-2 高尾瑠(G大阪)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加