長崎尚志の短編ホラー小説がビッグコミックでマンガ化、次号「正直不動産」重大告知

長崎尚志の短編ホラー小説がビッグコミックでマンガ化、次号「正直不動産」重大告知

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/11/25

長崎尚志の短編小説を元にした新連載「闇の少年」が、本日11月25日発売のビッグコミック23号(小学館)でスタートした。マンガは椋洸介が手がけている。

No image

「闇の少年」扉ページ (c)椋洸介・長崎尚志/小学館 (c)長崎尚志/新潮社

すべての画像を見る(全4件)

No image

「闇の少年」は長崎の著書「邪馬台国と黄泉の森 醍醐真司の博覧推理ファイル」の中で発表された小説を元にした物語。幼なじみのヒカル、要一、愛(めぐみ)とヒカルの飼い犬である天津は、森を散策中に誰かに追われ、森の奥にある屋敷に迷い込む。ヒカルたちは敷地内の蔵に忍び込み1人の不思議な少年に出会うが、彼にはとある秘密があり……。「MASTERキートン」などの脚本を執筆しリチャード・ウー名義で数々のヒット作を発表してきた長崎と、俊英の椋によるタッグによるジュブナイルホラーだ。

No image

また今号には永井豪手塚治虫とアメリカで過ごした数日間を描く「豪toトラベル 手塚先生とのアメリカ旅」が掲載。今泉忠明監修によるうすくらふみ「絶滅動物物語」は最終回を迎えた。また太田基之の読み切りシリーズは12月25日発売の2022年1号より月イチで連載され、夏原武原案・水野光博脚本による大谷アキラ「正直不動産」は次号“重大告知”が行われることがそれぞれ発表された。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加