13歳ゆたぼんが8歳孔志君を返り討ち 試合後に麦わら帽子贈る〝ワンピース展開〟

13歳ゆたぼんが8歳孔志君を返り討ち 試合後に麦わら帽子贈る〝ワンピース展開〟

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/06
No image

孔志くん(右)に帽子を贈るゆたぼん(東スポWeb)

素人格闘技大会「訳あり」(6日、バトゥール東京)で〝少年革命家〟でユーチューバーのゆたぼん(13)が逆ハンディキャップマッチで、貫禄を見せた。

ゆたぼんの対戦相手となったのは北海道在住の小学2年生・孔志君(8)。不登校ながらも中2のゆたぼんとは体力差は歴然だっただけにゆたぼんはボクシングルールでも、1Rは攻撃なしの防御のみ、2Rは左手のみのハンディ戦で臨んだ。

ゆたぼんの対戦指名に堂々と応じた孔志君は未来の逸材だ。3歳から空手を始め、北海道大会で優勝し、4度目の全国大会に挑む実力者。1Rは果敢にゆたぼんを攻め立て、2Rではゆたぼんも容しゃなく、左フックを繰り出し、応戦。結果、ゆたぼんの判定勝ちとなった。

孔志君は「ゆたぼんに戦うのを選んでもらって凄くうれしい。いい練習になりました」と笑顔。ゆたぼんは「避けれないパンチがたくさんあった。大人になった時にガチでやろう。この帽子をお前に授ける」とトレードマークとなっている麦わら帽子をプレゼント。まるで漫画ワンピースのルフィと赤髪のシャンクスを彷彿とさせるシーンだ。

解説席からは「未来の那須川天心VS武尊みたいになれば」と夢が膨らんでいた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加